InterNationals:アルゼンチン代表ラウタロとチリ代表ビダルが得点

INTERNATIONALS:アルゼンチン代表ラウタロとチリ代表ビダルが得点

 アレクシス・サンチェスも出場:2022年ワールドカップ予選の試合結果

 ミラノ発 – 2022年ワールドカップ南米予選に多くのネラッズーリが出場した。現地時間17日夜にピッチに立ったインテル選手はチリ代表のサンチェスとビダル、アルゼンチン代表のラウタロ・マルティネスの3人だ。

ラウタロはゴールと勝利

 リマのエスタディオ・ナシオナル・デ・ペルーで行われたペルー対アルゼンチン戦で、ラウタロ・マルティネスがアルゼンチン代表として21試合出場にして11得点目を記録した。代表監督スカローニ指揮下の同代表は、前半の2ゴールによって勝利を収めた:17分にニコラス・ゴンサレスが先制点を決めた後、ラウタロが28分にパレデスのアシストで追加点を挙げ、アルゼンチン代表のリードを広げた。エル・トロは89分までプレーし、パプ・ゴメスと交代した。

 アルゼンチン代表はこの勝利により勝点10となり、ここまで4試合全勝で首位のブラジル代表との勝点差は2ポイントだ。

ビダルが得点するも、チリ代表は敗北

 チリ代表のアレクシス・サンチェスとアルトゥーロ・ビダルは対ベネズエラ戦に先発フル出場を果たしたが、大学都市カラカスのエスタディオ・オリンピコで開催されたこの試合はベネズエラ代表の2-1の勝利で終わった:ルイス・マゴの得点でベネズエラ代表に先制された後、15分にサンチェスの絶妙なパスからビダルが左足シュートを決めてチリ代表に同点ゴールをもたらす。これでビダルはW杯予選16ゴール、チリ代表としては通算32ゴールを記録した。しかし81分にサロモン・ロンドンに追加点を決められ、ベネズエラ代表が勝者となった。チリ代表の勝点は現在4ポイントだ。


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version  中文版  Versión Española 

Load More