インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利

 この魔法の夜の記念すべき日:インテル対レアル・マドリードは1998年と同じ日付の11月25日に開催される。

1/31
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利
インテル対レアル・マドリード:22年前、バッジョのドッピエッタで3-1の勝利

 今日でさえ心が動かされる試合は存在する。

 息をする場所がスタジアム内だろうと、テレビ前だろうと関係ない夜があり、そしてその一部始終を完璧に覚えている。

 疑いの余地もなく1990年代にもその瞬間があった。とてもサイズオーバー感がありながらも、素晴らしいサッカーユニフォームは当時の秋全体を懐かしく思わせる。寒く、暗い、週の半ばだったチャンピオンズリーグマッチ。そしてロナウドとバッジョはインテルユニフォームを着用していた。

 11月25日のその夜、インテルはトロフィーを獲得してないが、5月22日や27日の様ではなくともネラッズーリ史に残る日となった。ジジ・シモーニのインテルはファンに歓喜、奇跡、夢、栄光、生粋な幸福を与えた。

 来週のインテル対レアル・マドリード戦開催日からちょうど22年前となる1998年11月25日。 当時の夜、インテルはサン・シーロでチャンピオンズリーグ・グループステージ2度目のレアル・マドリード戦を迎えた。初戦は同スペインチームが勝利していた。

 スペインでの初戦の敗北の借りを返すこと、同シーズンのチャンピオンズリーグ勝ち進むことを目的としたインテルは当時欧州王者相手に勝利が必要だった。ネラッズーリはレアル・マドリード戦でロナウド、サモラーノ、後に途中出場するバッジョをチームメンバーに加えた。

 この記事内にある写真が多くを物語り、当時の感情が今でも感じられる。下の写真はロナウドのシュート後に逸早く反応したサモラーノが先制点を奪った後の喜んでいる瞬間。彼らはクラシックなネラッズーリスタイルでゴールを祝った:クルヴァ・ノルドの前。

Zamorano esulta dopo il gol al Real Madrid

 それからセードルフが同点弾を奪った。初戦でもネットを揺らした同オランダ人はサン・シーロの高揚感を凍らせ、ネラッズーリに今まで以上の目標達成を駆り立てた。

 ロベルト・バッジョが68分にピッチへ向かい、ロナウドと最高のコンビを形成する。サッカー史上最高選手の2人はネラッズーリユニフォームを着用して共に王者レアル・マドリード相手にプレーした。チームは背番号10を惹きつけたい一心でやる気に満ち、一方でチームメイトの猛烈な攻撃、特にディエゴ・シメオネは最後まで攻撃の手を緩めなかった。

 そして85分、シメオネが敵陣ボックス付近でバッジョとパス交換。混戦となったエリアからボールは同イタリア人のもとへ。背番号10は躊躇なく右足を振り抜いてゴールを決め、1994年W杯の一幕を彷彿とさせた。イルグナーは体を倒しながら足に当ててボールを防ごうとしたが、ボールはネットに吸い込まれた。ファンは得点者バッジョを祝い抱擁するために100mを走ったチームメイトと熱いゴールセレブレーションを見た - コロネーゼは長いスプリント後にクルヴァ・ノルドの前で体を投げ出した。純粋なる歓喜だった。

Roberto Baggio segna il 2-1 in Inter-Real Madrid 1998

 さらにバッジョは低い位置からボールを受けて試合をコントロールし、ペナルティーエリア内で後ろから倒されたが主審メルクはノーファールの判定でPKを与えない。しかし誰もその夜は台無しには出来なかった。バッジョが試合に終止符を打つ:イルグナーとの1対1、バッジョは同GKを抜き去って左足でゴールを決めた。

Roberto Baggio segna il 3-1 in Inter-Real Madrid 1998

 最初コーナーフラッグに向かい、方向転換したバッジョはシメオネに押されて最終的にゴール内でチームメイトに囲まれた。それが我々がよく覚えている写真が撮られた場所である:クルヴァ・ノルド前のレアル・マドリードのゴール内でインテルチーム全員が喜びを爆発させて互いに抱き合った。悪夢となる運命に見えた一戦は魔法使いのサッカー選手によって3-1の勝利で終わり、夢が現実になった夜に変貌した。ネラッズーリにとって純粋な至福感の勝利。勝利の女神に口付けされ、現在でもその夜の歓喜を思い出させる気持ちで前進したチームの試合だった。インテル対レアル・マドリード、3-1。

Inter-Real Madrid 3-1 | L'esultanza della squadra

インテル 3-1 レアル・マドリード | 1998年11月25日

得点者:サモラーノ(50分)、セードルフ(59分)、バッジョ(85分、92分)
インテル(1-3-4-2):1 パリュウカ;2 ベルゴミ;3 コロネーゼ、5 ガランテ、16 ウェスト;17 モリエーロ(57分 4 サネッティ)、8 ウィンター、19 ソウザ(75分 15 コウエ);14 シモーネ;9 ロナウド、18 サモラーノ(68分 10 バッジョ)
ベンチ:22 フライ、24 シルベストレ、6 ジョルカエフ、21 ピルロ
監督:ルイジ・シモーネ

レアル・マドリード(4-4-2):1 イルクナー;12 カンポ、5 サンチス(88分 9 シュケル)、19 サンス、3 ロベルト・カルロス(81分 17 )、7 ラウール、10 セードルフ、6 レドンド、16 ジェイミー;8 ミヤトヴィッチ、20 サビオ
ベンチ:25 アルマンサ、14 グティ、20 ロハス、18 カランカ、15 モリエンテス
監督:フース・ヒディング

主審:マルクス・メルク(ドイツ)
イエローカード:サンチス、ミヤトヴィッチ、セードルフ、コウエ、イルクナー、バッジョ

試合の写真


Versione Italiana  中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  English Version 

Load More