見事なドッピエッタを決めたルカク「立ち上がりは悪かったが、その後僕たちは目を覚ました」

見事なドッピエッタを決めたルカク「立ち上がりは悪かったが、その後僕たちは目を覚ました」

 ベルギー人ストライカーが後半に2ゴール挙げ、トリノ戦での勝利に決定的な役割を果たした。

 ミラノ発 – ロメル・ルカクのナンバーは常に彼の側にある。トリノ戦でネラッズーリに勝利をもたらした2ゴールが統計よりも重要な意味を持つことは当然だが、ここにネラッズーリのゴールマシーンにおけるベルギー人センターフォワードの重要性を示すある事実がある:ルカクはインテル選手として臨んだリーグ戦43試合で30ゴールを記録した。勝利チームに勝点3ポイントが与えられるようになってから、同選手よりも早く30ゴールを達成したネラッズーリは2人(41試合のロナウドと43試合のヴィエリ)しかいない。

 この代表ウィークにも母国のために1試合2得点を記録したベルギー人FWは、試合後のDAZNのインタビューで次のように語った:「最初の1時間は僕たちのプレーは悪かったし、問題に見舞われた。闘志と相手に対するプレスが足りなかった:僕たちは素晴らしいチームになるために、今もこの点の改善にチームとして取り組んでいる。その後僕たちは目を覚まし、勝利して、今は勝点3ポイントを喜ぶことができている」

 「僕がリーダーであるか?いや、僕はチームメイトとチームを助けたいだけの1人の選手だよ。ここにはもっと長くこのクラブのためにプレーしている選手がたくさんいる。僕はただ、勝利のためにチームを助けたいと思っている25人のうちの1人だ。僕は自分を改善し続けるし、あまり上手くできていない部分を改善しようとしている。トロフィーを獲得しているチャンピオンたちとの差をなくしたい。僕は偉大な監督と素晴らしいチームと共に働いている」

 ルカクはラウタロとのセレブレーションについて笑顔で話した:「あのセレブレーションは、ラウタロが今コールオブデューティをプレーし始めたところだからだ。ハキミと僕が少し彼に教えているので、あのようなセレブレーションをしたんだ」

見事なドッピエッタを決めたルカク「立ち上がりは悪かったが、その後僕たちは目を覚ました」 見事なドッピエッタを決めたルカク「立ち上がりは悪かったが、その後僕たちは目を覚ました」 見事なドッピエッタを決めたルカク「立ち上がりは悪かったが、その後僕たちは目を覚ました」 見事なドッピエッタを決めたルカク「立ち上がりは悪かったが、その後僕たちは目を覚ました」


Versión Española  Versione Italiana  中文版  Versi Bahasa Indonesia  English Version 

タグ: セリエA lukaku
Load More