ハンダノヴィッチ「全力を出す3試合が残っている」

ハンダノヴィッチ「全力を出す3試合が残っている」

 レアル・マドリード戦前日記者会見に出席したインテル主将のコメント。

 ミラノ発 – 今季チャンピオンズリーグ・グループB第4節レアル・マドリード戦(日本時間26日5時)まで残り1日となった今日、サミル・ハンダノヴィッチがアントニオ・コンテと一緒に記者会見に出席した。

今季チャンピオンズリーグではなぜインテルは本領を発揮していないのか?それは相手チームの質の問題なのか、またはチーム内の問題なのか?

「まだ3試合が残っている。全ての試合を消化した後に本当の評価を下すことができる。プレーしてきた試合に関しては他チームより苦言を言えるかもしれないが、その議題は残り3試合を終えてからするべきだね」

自身の場合、失点からモチベーションを引き出すのか?

「多くの失点を喫している時、常に一定の懸念はある。しかし理由と方法は切り離して見るよ。多くの対戦チームは深い守備ラインを採用して、カウンター攻撃を狙う。これまでの失点はその様な状況からではない場合が多い。自分たちより良いプレーをした相手チームの優れた動きや、良いパフォーマンスから多くの得点は許していない。その点については常に改善できる。数字が伴わず、成長を望んでレベルを上げたいなら、まず最初に調整、そして常に改善できるんだ」


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version  中文版  Versión Española 

Load More