コンテ「序盤から苦戦した、レアルのレベルに到達するためにまだ成長が必要」

コンテ「序盤から苦戦した、レアルのレベルに到達するためにまだ成長が必要」

 レアル・マドリード戦後の同インテル指揮官のコメント。

 ミラノ発 – マドリードでポジティブな内容を見せたインテルだったが、今夜そのパフォーマンスを発揮できなかった。今季チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節レアル・マドリード戦は0-2の黒星。同試合の分析を語る前に、アントニオ・コンテはディエゴ・アルマンド・マラドーナの死去について話した:

「我々全員が極めて打ちひしがれている、マラドーナはサッカーの歴史を作った。彼の功績は優雅なものだった。彼がこの世にいない事実を受け止めるのに苦労している。しかも彼はまだとても若かった。彼の死には心が打ち砕かれ、深く悲しい」

今夜の試合の感想は?インテルは後退したか?

「レアル・マドリードの様な相手と対戦するのは十分に難しい。この2試合で多くの運がなかった。もし試合開始直後に失点して10人になったら、試合はただより複雑になるだけだ。不運にも彼らと我々の違いを目にしたよ。しかしそれは我々にダメージを与えない。我々の道を進むことを目指すなら謙虚さを持って答える必要がある。両チームは異なるレベルにいる、我々は全部分で改善しないといけない。彼らは複数回チャンピオンズリーグ優勝を成し遂げおり、我々は再びこのグループステージに立っている。外野の声に動揺されられてはダメだ。このギャップを埋めるために取り組んで、主役チームとして戻ってくる必要があるね」

インテルは10人になってから復調した。フォーメーションの変更はより早くできたのでは?

「試合開始から険しいバトルだった:我々はビハインドに陥り、試合に戻るのに苦戦した。なぜならビダルが退場となり、それが我々を打ち砕いたよ。何を差し置いても、今日選手たちは素晴らしいチームにハードワークしていたね。これが今の状況だが、我々がより積極的な時は最初のレアル戦より間違いなく良い仕事をした」


Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  中文版 

Load More