最も偉大な好敵手、チャオ ディアゴ

最も偉大な好敵手、チャオ ディアゴ

 FCインテルナツィオナーレ・ミラノはディエゴ・アルマンド・マラドーナの死去に悲しむサッカー界と共にいる。

 振り返り、思い出し、称賛する。それしかできない。この時代の全写真とビデオは永遠に残り続ける。これは神的な左利きのサッカー選手がサッカーピッチ上でやり遂げた証だ

 60歳のディエゴ・アルマンド・マラドーナは今日アルゼンチンでこの世を去った。サッカー界では異なる時代の選手を比較するが好まれ、頻繁に誰が史上最高の選手かという話に終わりはない。そこに決して答えはないが、それは重要ではない。ただ間違いなくマラドーナは特別だった。多くの人々にとって同故人は神と崇められ、全員にとって彼は恐れられたが、称賛された敵選手だった。

 あの左足は魔法だった。彼はリーダーで、チームを駆り立てた。1986年にアルゼンチン代表と共に世界王者となり、イタリアではナポリ選手としてスクデットを2回獲得。過去にイタリアであのような功績を残してナポリを導いた人物は存在しない。あのイタリアサッカーにとって素晴らしい時間は忘れ去られたりはしないだろう。1984年から1994年、セリエAはディエゴ・アルマンド・マラドーナの存在で本当に輝いていた。

 疑いの無い勝者である一方、常に勝利を掴んだわけではない。特にインテルとナポリがスクデット争いで鎬を削った時、ディエゴはネラッズーリの激しく誇り溢れる相手だった。当時のマラドーナは健全で異次元な選手、常に情熱を持っていた。下の写真にはローター・マテウスがナポリ戦で直接フリーキックを決めて喜んでいる場面(2-1)。トラパットーニのチームは新記録樹立のシーズンを送り、1989年にスクデットを獲得した。

 ディエゴ・マラドーナはマテウスを見て睨むも、誇りある姿勢を貫いた。彼はその瞬間負けを察知し、負けを認めた。だがそこから彼の復讐は始まっていた。その翌シーズンの1990年にマラドーナはスクデットを掲げる。さらに1990年イタリアW杯決勝でも両者は戦った。ローター・マテウスとの王者同士のライバル関係についてディエゴ・マラドーナは「私のキャリアの中で最高の敵選手だ。彼を定義するのにそれで十分だと思う」と語った。

 不可能を実現することを簡単にやってのけるのはマラドーナの能力だ。そのためサッカー界は常に無条件に彼と彼の偉大なる才能を愛した。

 今日からサッカー界は以前と異なる。振り返って思い出を話すことは憂鬱さだけではなく、過酷な悲しさを生み出す。サッカーファン全員によって共有される感情であり、彼らは特別な天才選手の躍動する試合を恋しく思うはずだ

 FCインテルナツィオナーレ・ミラノ、会長スティーヴン・チャン、副会長ハビエル・サネッティ、CEOアレッサンドロ・アントネッロとベッペ・マロッタ、アントニオ・コンテ監督、コーチ陣、選手、インテルに携わる人々、世界中のネラッズーリファンがディエゴ・アルマンド・マラドーナの死去に追悼の意を示し、同故人の家族に想いを馳せる。 


中文版  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  English Version 

Diego Armando Maradona ai microfoni di Inter TV

Load More