コンテ「シャフタール戦180分を支配したが、ゴールを奪えなかったのが信じられない」

コンテ「シャフタール戦180分を支配したが、ゴールを奪えなかったのが信じられない」

 シャフタール・ドネツク戦後の同インテル監督のコメント

 ミラノ発 – 勝利を逃したインテルは今季UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出を果たせなかった。ウクライナでの試合同様に今夜のサン・シーロでもゴールは生まれず。ネラッズーリは試合を支配したが、90分間でゴールへの道を探し出せなかった。

 同試合後のアントニオ・コンテ監督のコメント:

今夜インテルは決意が欠如していたのか?

「その評決には同意しない。チームは必要なことを全てをやった。終始試合を支配したシャフタール・ドネツク戦180分間で1得点も奪えなかったのは信じられないね。これは選手の決意が欠如していたわけではないんだ。彼らは持っている全てを出し切った。我々にはチャンスがあり、相手チームは良いプレーをして運もあった。シャフタールのGK選手はピッチ上で最高の選手だったよ」

国際舞台で争うためにより上手くなる必要がある?

「その要素は冷静な頭で考えないといけない、試合後ではない。多くの後悔はあるが、決意や集中、攻撃性が欠いたと言葉を言う感じはない。1ゴールが欠けていた。そして残念ながら得点しなければ勝利できない。今季チャンピオンズリーグでは特定の場面と審判の判定に関して多くの運がなかった。今はグループステージが終わった。だから我々はVARに不当な扱いを受けたと言えると思う。多くの出来事が分析されなかった」

インテルのエネルギーが欠如している様子だった後半序盤に交代カードを切ることを考えなかったのか?

 「我々に多くの選択肢はなかった。ペリシッチは60分過ぎにウィンガーとして投入され、サンチェスは残り約20分の時にガリアルディーニと交代してピッチに入った。少しバランスを失ったね。ラウタロの体力が落ちた時にエリクセンが入った。昨季ヨーロッパリーグで我々から5失点を許したシャフタールのプレー方法が変わったことを忘れないでおこう。これは我々が対戦する全チームとの試合で起こりえることだ」


Versione Italiana  中文版  Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versión Española 

Load More