ハンダノヴィッチ「ピッチ上には嘘はない、得点が欠けていた」

ハンダノヴィッチ「ピッチ上には嘘はない、得点が欠けていた」

 シャフタール戦を終えたネラッズーリ主将のコメント

 ミラノ発 - 0-0でシャフタール・ドネツク戦を終えたインテルはグループB再開となり今季欧州大会から姿を消した。主将サミル・ハンダノヴィッチが同試合後にスカイ・スポーツのインタビューで試合結果について語った:「僕らは決勝トーナメントの可能性を今日の試合よりキエフで逃したと思う。均衡したグループだったが、もっと良くできたはずだ。ピッチ上には嘘はない、これが結果だ。全てを試みたけど、ゴールを奪えなかった。シャフタールは引き分けで喜んでいた。彼らはもっと上を求めていたと思っていたんだよ」 

 「立ち止まったり、意気消沈している時間はない。今後はリーグ戦とコッパ・イタリアに集中しないといけない。今週日曜日にはカリアリ戦があり、焦点をその試合に合わせる必要があるんだ」


English Version  Versione Italiana  Versión Española  中文版  Versi Bahasa Indonesia 

Load More