インテルが今季欧州大会から敗退

 サン・シーロのシャフタール戦は0-0:レアルとボルシアがCL決勝トーナメント進出、シャフタールはヨーロッパリーグへ

1/77
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退
インテルが今季欧州大会から敗退

 ミラノ発 - 9日(水)夜、インテルはシャフタール・ドネツクと0-0で引き分けた。この結果ネラッズーリは今季チャンピオンズリーグ・グループB最下位が確定して敗退が決定。もう一方の同グループのレアル・マドリード対ボルシア・メンヒェングラードバッハは2-0で同スペインチームが勝利してグループ首位通過を決め、グループ2位で同ドイツチームが決勝トーナメント進出。ミラノでインテルと引き分けたシャフタール・ドネツクはグループ3位で今季ヨーロッパリーグ決勝トーナメント参加となった。反対にグループ最下位で敗退となったインテルはシャフタール戦でクロスバー直撃のシュートや多くのチャンスを作り出すも得点が生まれず。コンテのチームは97分間全力を尽くしたが、十分とは言えない内容となった。今季欧州大会は終了したが、国内タイトル争いは今後も続いていく。

 今夜のシャフタール戦はインテルにとって勝利必須となる試合だった。カストロ監督のチームは昨季EL準決勝で0-5、今年10月(0-0)にインテルと2試合を戦い明確な戦略を練って試合に臨んだ:超守備的な布陣5-3-2を採用。インテルは怪我をしたビダルを欠いた3-5-2のシステム。この試合はバレッラのプレーから始まった。7分、右サイドからニコロ・バレッラがクロスを送り、ロメル・ルカクがスルーしたボールをラウタロ・マルティネスが直接右足で叩くもボールはゴールバーに嫌われた。

 反対にシャフタールは焦る様子もなく深い位置でラインを敷いてプレッシャーを吸収してインテルの攻撃を抑える。23分にブロゾヴィッチのコーナーキックからゴール前でステファン・デ・フライがシュート。だがここは相手選手にブロックされて得点とはならず。前線のルカクとラウタロは相手守備陣の隙間を突破しようと試みたが上手くいかない。シャフタールは40分にドドがボックス外から右足を振り抜いたがサミル・ハンダノヴィッチが余裕を持ってセーブ。シャフタールは勝利すれば決勝トーナメント進出だったが、その目標への意気込みはあまりない様に見て取れた。

 後半に入って50分、アシュリー・ヤングが左足でPKスポット付近に高いクロスをあげて、ルカクが打点の高いヘディングシュートを打つもGKトルビンがキャッチ。更に53分にはブロゾヴィッチのフリーキックからルカクがヘディング。だがここもGKトルビンが好セーブで阻止する。防戦一方のシャフタールだったが同試合最大のチャンスを迎える:64分、ブロゾヴィッチのミドルシュートは相手選手に当たってコースが変わり僅かにゴール枠外へ。その後のコーナーキックからシャフタールはカウンター攻撃。最後はテテがシュートしたがハンダノヴィッチが素晴らしい反応で弾き飛ばし、こぼれ球をマイコンが狙うもゴールバーを越えた。ここからインテルのプレースピードが落ち始め、コンテ監督は交代カードを積極的に切る。その1人のアレクシス・サンチェスはゴール前で2度のヘディングシュートでシャフタールゴールを脅かす。1度目のヘディングはゴールバーの上。そして2度目はドンピシャで合わせるもシュートコースにいたルカクに当たってしまう。インテルは極めて不運に見舞われていた。 

 ネラッズーリは終盤にエリクセンが得点まであと一歩まで迫る。しかし相手選手の懸命な守備とトルビンのセーブでネットを揺らせない。後半アディショナルタイムに2度のコーナーキックがあり、ハンダノヴィッチもゴール前まで上がってきたが実を結ばず:試合は0-0で終了して、インテルのグループB最下位が決定した。

インテル 0-0 シャフタール・ドネツク

インテル(3-5-2):1 ハンダノヴィッチ;37 シュクリニアル、6 デ・フライ、95 バストーニ(85分33 ダンブロージオ);2 ハキミ(85分36 ダルミアン)、23 バレッラ、77 ブロゾヴィッチ、5 ガリアルディーニ(75分7 サンチェス)、15 ヤング(69分14 ペリシッチ);9 ルカク、10 ラウタロ(85分24 エリクセン)
ベンチ:35 スタンコヴィッチ、97 ラドゥ、11 コラロフ、12 センシ、13 ラノッキア
監督:アントニオ・コンテ

シャフタール・ドネツク(5-3-2):81 トルビン: 2 ドド、77 ボンダル、6 ステパネンコ、49 ヴィタオ(37分5 ホチョラヴァ)、 22 マトヴィエンコ; 11 マルロス(64分21 アラン・パトリック)、 20 コヴァレン、27 マイコン;14 テテ(64分19 ソロモン)、7 タイソン(68分9 デンチーニョ)
ベンチ:1 シェフチェンコ、30 ピヤトフ、8 マルコス・アントニオ、28 マルキーニョス、50 ボルバト、59 ヴィウヌィーク、61 スダコフ
監督:ルイス・カストロ

イエローカード:ヴィタオ、ガリアルディーニ、ハキミ、ブロゾヴィッチ、トルビン
監督への警告:コンテ、カストロ
アディショナルタイム:1+7分

主審:ヴィンチッチ(スロベニア)
副審:クランクニック、コヴァチッチ(スロベニア)
4審:オブレノヴィッチ(ポーランド)
VAR & VARアシスタント:ギル、プラプロトニク(スロベニア)


Versión Española  Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia 

Load More