コンテ「重要なステップ。我々は優勝候補だ、素晴らしい気持ちだ」

コンテ「重要なステップ。我々は優勝候補だ、素晴らしい気持ちだ」

 ネラッズーリ監督がユーヴェ戦勝利後に「我々は正しい方向で仕事を進めている」と語った。

 ミラノ発 - 最初から最後までパーフェクトなパフォーマンスだった。ネラッズーリは97分間にわたってイタリア・ダービーを優勢に戦い、ビダルとバレッラのゴールによって2-0でユヴェントスに勝利した。ネラッズーリの勝点3獲得は疑う余地なく順当なものだ。

 アントニオ・コンテの試合後のコメントを紹介する:

パーフェクトな試合だっただろうか?あなたにとって今夜最も良かった点は何か。

 「ユヴェントスのように強いチームを破るためには、パーフェクトなゲームをしなければならない。我々は今夜本当に良かった。結果以外にも、我々は完璧な準備ができていたし、私が最も良く感じたことは、対戦相手を苦戦させるためにトレーニングで取り組んできたことを選手たちが実行したことだ。自分たちのゲームプランを守った。選手たちのために嬉しく思う。この勝利は自信になるし、我々が正しい道を進んでいると理解する助けになる。1年半前に歩み始めた道が実を結んでいる。選手たちはいつも素晴らしい仕事を成し遂げているので、彼らを称賛する。ギャップを埋めるために正しい道を進んでいる」

インテルはスクデットを獲得できるか。

 「我々は優勝候補だ。1年半の仕事の後で、これは私にとって素晴らしい気持ちだ。クラブは国内及び国際大会での評価を取り戻した;ヨーロッパ大会で決勝に進出しなければこの評価に値しない。チャンピオンズリーグ敗退は今でも痛いものだ。もっと先に進みたかった。だが選手たちもそれはわかっているし、失望から改善するために正しいモチベーションを見つけなければならないこともわかっている」

ストライカーによる得点なしで勝利を収めたが。

 「我々のストライカーは今夜得点しなかったが、数多くのチャンスを作った。ラウタロとロメルは少し不運だった;このチームは多くのチャンスを作る。何度か決定力を欠いたが、それと同時に、大人数で攻撃を仕掛けることでチームの多くの選手が得点チャンスを得た。我々はコンスタントに多くのチャンスを生み出している。ピッチ上で正しいリアクションを見ることができるので心配はしていない。特定の試合では目的達成のために対戦相手の力を少しずつ削ぐ必要があると理解しなければならないので、これは精神的に重要なステップだった。正しい反応が見られたが、我々はまだ始めたばかりだし、彼らをサポートしたい。燕を1羽見たからといって夏が来たとは言えないが、ユヴェントス戦の勝利は我々が正しい道を進んでいると確実に示した」


Versión Española  中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version 

Load More