フィレンツェで行われた試合にインテルが2-0で勝利

 バレッラの見事な先制弾と後半のペリシッチのゴールによって快勝し、インテルがリーグの暫定1位に浮上した。

1/57
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win
Fiorentina 0-2 Inter: Barella and Perisic secure a comfortable win

 フィレンツェ発 - この数年、フィレンツェの地ではインテルの思うようにいかないことが多かった。ある状況が敗北に繋がったり、遅い時間帯の失点でネラッズーリが予期せぬ引き分けに甘んじなければならないこともあった。今のように重要な目的達成のかかった厳しい過密日程では、これは特に難しい試合となる可能性もあった。しかしインテルは強く、決意に満ちたプロフェッショナルなチームだ。インテルが今夜目指すものは勝利以外の何物でもないとファンが理解するまでに必要だったのは、たった40秒だった。そして実際にネラッズーリはこの日、勝者としてピッチを去ることになった。バレッラが素晴らしいゴールでチームにリードをもたらした後、後半にペリシッチが追加点を挙げた。この2人以外にも多くの選手にスコアシートに名を載せるチャンスが訪れたが、リベリーとミレンコヴィッチ、そしてカストロヴィッリを欠いたフィオレンティーナはGKドラゴフスキによってそれ以上のダメージを防いだ。ホームチームは前半の終盤にインテルのゴールを脅かしたが、ハンダノヴィッチがチームの危機を救った。そしてこの時間帯以外にフィオレンティーナがインテルのゴール前で危険を演出することはほとんどなかった。実際にインテルがもっと大差で勝利していてもおかしくなかっただろう。アントニオ・コンテ率いるインテルは勝点47ポイントとなり、ACミランが試合を行う日曜日まで暫定1位の座についた。

 インテルは2月5日(金)の晩、先月勝利したコッパ・イタリアでの対フィオレンティーナ戦の経験を活かして、リーグでも同クラブ相手に再び勝利を収めようとしていた。今回もスタンドから試合を見守ることになったアントニオ・コンテは、ルカクと共にサンチェスを先発起用した。対するプランデッリは3-5-1-1のフォーメーションを用い、エイセリックによってブロゾヴィッチの動きを封じようとした。またワントップのヴラホヴィッチの一列後方にはボルハ・バレロが起用された。

 インテルは正しい姿勢で試合に臨んだ:今節でも素晴らしいパフォーマンスを見せたニコロ・バレッラが試合開始からわずか40秒でフィオレンティーナのボックス内に入り込み、クロスを上げたが、これはゴール前の相手守備陣にブロックされた。このチャンスはインテルの気迫を示し、ネラッズーリはその数分後に得点機を得た:ハキミのパスを受けたバレッラが至近距離からシュートを放ったが、ドラゴフスキの好セーブによって先制点を挙げることはできない。コッパ・イタリアでフィオレンティーナのゴールを守っていたのはテラッチアーノだったが、セリエAの今節ではポーランド出身のGKドラゴフスキがネラッズーリの前に立ちはだかった

 インテルが電光石火のスタートを切ったのに対して、フィオレンティーナも徐々にビラーギを使って左サイドからクロスを上げ、右サイドのマルティネス・クアルタの走りを最大限に活かそうとする。しかしネラッズーリはハードワークを続け、サンチェスが次のゴールチャンスを作った。

 何度かチャンスを作るも先制ゴールにはあと一歩及ばなかったインテルだが、ついにバレッラが得点する。ネラッズーリのCK後にサンチェスのパスを受けたバレッラがボックス外から右足を一閃し、力強いシュートを決めた。このパーフェクトなゴールで、ニコロの今季得点数は3となった。

Barella segna contro la Fiorentina

 フィオレンティーナはビハインドに陥っても落ち着きを失わず、前半最後の15分にこの試合でベストといえるプレーを見せた。ボナヴェントゥーラに強烈なシュートを許すも、ハンダノヴィッチが素晴らしい反射でこれをブロック。セカンドボールからビラーギが再びシュートに持ち込んだが、これもインテルGKが足でセーブした。

 インテルは退いて守ることを余儀なくされたが、ルカクが守備でも貢献し、重要なブロックでチームを助ける。ルカクはピッチの反対側では前半最後のチャンスを作ったが、サンチェスのクロスに頭で合わせたものの、ボールはクロスバーを大きく越えた。

 後半はインテルが対戦相手を圧倒した。ハキミとペリシッチがサイドで活躍し、相手守備陣を置き去りにする。そして52分、ネラッズーリが追加点を挙げた:バレッラの見事なパスを受けたサンチェスが右サイドでハキミにスルーパスを出す。同モロッコ人選手がイゴールに止められることはなく、逆サイドからPA内に走り込んできたペリシッチにパスし、同クロアチア人選手が右足でボールを押し込んで0-2とした。

Il gol di Perisic contro la Fiorentina

 驚くべきことにその後スコアは動かず、0-2が最終的な結果となった。このペリシッチのゴール以降、最後までインテルが試合を支配した。ネラッズーリは多くのチャンスを作り、ドラゴフスキの守るフィオレンティーナのゴールを脅かす。55分にはルカクがゴールネットを揺らしたものの、ビルドアップ時のペリシッチがオフサイドを取られてこの得点は無効となった。ルカクは63分にも右足でシュートに持ち込んだが、ブロックされてCKとなる。このCKからペリシッチが左足シュートを放ったが、これもドラゴフスキにセーブされた。

 インテルには試合を決めるチャンスが次々に訪れた:ガリアルディーニのヘディングはドラゴフスキにセーブされ、バストーニとラウタロも決定機を得たがチームに3ゴール目をもたらすことはできなかった。交代のカードを切ったフィオレンティーナは終盤にプレーの激しさとテンポを上げ、インテル陣地に入り込む。しかしこれといったチャンスを作ることはできず、後半はハンダノヴィッチに見せ場はそれほどなかった

 ネラッズーリはスタディオ・フランキにて、連続4試合目のポジティブな結果を祝うことになった:コンテ率いるインテルはACミランと勝点差1の勝点47ポイントでリーグ暫定1位に浮上した。ミランは7日(日)日本時間23時からクロトーネと対戦することになっている。そしてこれから、ネラッズーリの全エネルギーと集中力はコッパ・イタリアの2ndレグに向けられる。インテルは9日(火)に再びピッチに戻り、ユヴェントスと試合を行う。大きなチャレンジがネラッズーリを待ち構えている

順位表

フィオレンティーナ 0-2 インテル

フィオレンティーナ(3-5-1-1):69 ドラゴフスキ;4マルティネス・クアルタ、20ペッツェッラ、98イゴール;23ヴェヌーティ(74分25マルキュイ)、5ボナヴェントゥーラ、34アムラバト、92エイセリック(74分78プルガー)、3ビラーギ(82分27バッレーカ);6 ボルハ・バレロ(46分11 クアメ);9ヴラホヴィッチ(74分91ココリン)
ベンチ:1 テラッチアーノ、21 ロサーティ、14 ビアンコ、24 キティ、28モンティエル、67 ムンテアヌ、77カジェホン
監督:チェーザレ・プランデッリ

インテル(3-5-2):1 ハンダノヴィッチ;37 シュクリニアル、6 デ・フライ、95 バストーニ;2 ハキミ、23 バレッラ、77 ブロゾヴィッチ、22 ビダル(46分5 ガリアルディーニ)、14 ペリシッチ(80分36 ダルミアン);9 ルカク(89分99 ピナモンティ)、7 サンチェス(62分10 ラウタロ)
ベンチ:27 パデッリ、97 ラドゥ、11 コラロフ、12 センシ、13 ラノッキア、15 ヤング、24 エリクセン、33 ダンブロージオ
監督:クリスティアン・ステッリーニ

得点者:バレッラ(31分)、ペリシッチ(52分)
イエローカード:ペリシッチ、アムラバト、マルティネス・クアルタ、プルガー
アディショナルタイム:1+4分

主審:ラ・ペンナ
副審:プレティ、ガレット
第4審判:パスクア
VAR:マッツォレーニ
VARアシスタント:ヴィヴェンツィ


Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  Versione Italiana  English Version 

タグ: セリエA
Load More