Handanovic, a brilliant accomplishment: 500 Serie A appearances

ハンダノヴィッチが偉業達成:セリエA通算500試合出場

 同ネラッズーリGK選手がラツィオ戦で15人目の偉業を成し遂げた

 ミラノ発 - これは一流かつ限られた人間だけが誇れる偉業。ラツィオ戦でサミル・ハンダノヴィッチはセリエA通算500試合目に出場した。これは感銘的な数字であり、同物語は15年以上前に始まった。

 サミル・ハンダノヴィッチがウディネーゼでセリエAデビューを飾ったのは2005年5月15日のサンプドリア戦(1-1)。

 その日は同スロベニアGK選手(1984年7月14日にリュブリャナで生まれ)を2012年にインテルへ到着する旅に送り出した。2004-05シーズン、ウディネーゼで3試合出場した後、ハンダノヴィッチはトレヴィソで3試合出場。ラツィオでの短期間で1試合に出場した後、セリエBリミーニに期限付き移籍した。その後同選手はウディネーゼで正GKの座を勝ち取り、5シーズン過ごした。

 2012年夏、ハンダノヴィッチはジュリオ・セザールの後釜候補としてインテルに加入。今季はインテル加入から9シーズン目。同主将はインテル加入後に1シーズンを34試合出場以下で終えたことがない。2017-18シーズンは38試合で失点は僅か30。2018-19シーズン、クリーンシート17試合でセリエA最優秀GK選手と表彰された。セリエ通算500試合で無失点だった試合数は173。

 ハンダノヴィッチはセリエAでの最多PKストップ数記録を保持している:500試合で25回。元インテルGK選手ジャンルカ・パリューカより一つ多い(592試合24回)。現インテル主将はセリエAシングルシーズンで最多PKストップ数を誇っている:2010-11シーズン、ウディネーゼ在籍時代 - 6回。

 セリエA歴代最多試合出場ランキングで見るとハンダノヴィッチの通算500試合出場は14位チロ・フェッラーラと肩を並べる記録である。現在1位はブッフォン(653試合)、次にパオロ・マルディーニ、フランチェスコ・トッティが続く。

 外国人選手セリエA歴代最多試合出場ランキングで見ると、ハンダノヴィッチは2位:1位はハビエル・サネッティ(インテルで615試合、セリエA歴代最多試合出場ランキング4位)。

 .ハンダノヴィッチは現在インテルでリーグ戦314試合出場、公式戦だと374試合出場中。

サミル・ハンダノヴィッチのセリエA通算500試合

  • インテル 314試合
  • ウディネーゼ 182試合
  • トレヴィソ 3試合
  • ラツィオ 1試合


Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

Load More