アドリアーノ:誕生日、ダービー、記憶。おめでとう、皇帝!

 ブラジル人ストライカーが今日39歳の誕生日を迎えた。2005年と2009年の同選手のダービーゴールを振り返る。

1/14
アドリアーノ:誕生日、ダービー、記憶。おめでとう、皇帝!
アドリアーノ:誕生日、ダービー、記憶。おめでとう、皇帝!
アドリアーノ:誕生日、ダービー、記憶。おめでとう、皇帝!
アドリアーノ:誕生日、ダービー、記憶。おめでとう、皇帝!
アドリアーノ:誕生日、ダービー、記憶。おめでとう、皇帝!
アドリアーノ:誕生日、ダービー、記憶。おめでとう、皇帝!
アドリアーノ:誕生日、ダービー、記憶。おめでとう、皇帝!
アドリアーノ:誕生日、ダービー、記憶。おめでとう、皇帝!
アドリアーノ:誕生日、ダービー、記憶。おめでとう、皇帝!
アドリアーノ:誕生日、ダービー、記憶。おめでとう、皇帝!
アドリアーノ:誕生日、ダービー、記憶。おめでとう、皇帝!
アドリアーノ:誕生日、ダービー、記憶。おめでとう、皇帝!
アドリアーノ:誕生日、ダービー、記憶。おめでとう、皇帝!
アドリアーノ:誕生日、ダービー、記憶。おめでとう、皇帝!

 まるで昨日のことのようだ:フアン・セバスティアン・ベロンがCKの準備をしている。ネラッズーリはその少し前にスタムにゴールを決められ、2-2にされていた。しかしまだ希望も自信もある。ボールがキックされ、ネラッズーリとロッソネリのひしめくゴール前に素早く入り込む。ブルディッソとACミランのクリスティアン・ヴィエリがボールを得ようと競る。しかし正しいタイミングでジャンプしたのはインテルの10番、アドリアーノだった。アドリアーノはボール目掛けて高く飛び上がった。ヘディングシュート、そしてゴール。歓声。ダービーで勝利。それは2005年12月12日のことだった:インテル 3-2 ミラン。

 今日、2021年2月17日、アドリアーノ・レイテ・リベイロが39歳の誕生日を迎えた。インテル一同は同選手の誕生日を心からお祝いし、大きなネラッズーリの愛情を送る。

 ダービー前に祝うに相応しい特別なバースデーだ。アドリアーノはインテル選手としてACミラン相手の2試合で得点を記録した。いずれも勝利に終わった2試合で計3ゴール、そのどちらも記憶に残る価値のあるものだ。

 既に言及したように、2試合のうちの1試合は2005年のダービーだ。皇帝にとって完璧なゲーム、誰にも止められず、最高峰の強さとマルティンスと見事なコンビネーションを見せた。この12月のダービーは、アドリアーノが最も完璧で破壊的な強さを見せつけた試合のうちの一つだ。まず前半のPKでジーダと反対側に蹴り込んで先制点を挙げると、後半にFKを放つ。これは同ブラジル人GKに弾かれたがセカンドボールをオバオバが押し込み、アドリアーノのアシストとなった。そして最後にヘディングを決めて3-2とし、インテルのユニフォームをフラッグのように振り回してネラッズーリのバッジにキスをするという同選手にとって典型的なセレブレーションでゴールを祝った。

 もう一つのダービーは2009年2月15日の試合だ。ジョゼ・モウリーニョが監督を務めるインテルに、アドリアーノはローン移籍先のサンパウロから帰還してチームに加わっていた。パトとロナウジーニョ擁するACミランに、アドリアーノとイブラヒモヴィッチ擁するインテルの対戦。この試合で最初にゴールを決めたのはアドリアーノだった:マイコンの右サイドからのクロスにヘディングを試みたアドリアーノだったが、ジャストミートできずにボールは同選手の腕に軽く当たってゴールに入った。このゴール後、アドリアーノはモウリーニョに走り寄ってハグをし、同ブラジル人選手を一番好きな選手に挙げていた監督の息子にアピールした。これはアドリアーノにとってインテルのユニフォームでプレーする177試合目で74ゴール目、そしてネラッズーリとして決めた最後のゴールであり、象徴的なゴールとなった。デヤン・スタンコヴィッチがもう1ゴール記録し、このダービーは2-1のネラッズーリ勝利で幕を閉じた。

 リーグでのダービーを目前に控えた今、インテルは我々の皇帝の誕生日に心からお祝いの言葉を贈る。


Versione Italiana  Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia  中文版 

関連ニュース

Load More