インテル対ジェノア戦、インテルクラブにとって特別な試合

インテル対ジェノア戦、インテルクラブにとって特別な試合

 様々なイニシアティブの中でも、メンバーへの感謝を示すためにコーディネーションセンター創立60周年記念の特別パッチと3つ目のLEDスクリーンが使用される。

 ミラノ発 - インテル対ジェノア戦に先立ち、彼らに捧げられた特別な試合のスターとしてインテルクラブが帰ってくる。ネラッズーリ・ファンにとって常に特別であり、インテルクラブに捧げられた試合はコーディネーションセンター創立60周年を記念するいつも以上に重要な意味を持つものになる。

 これを記念して、ファーストチームはインテルクラブ特別パッチを付けてピッチに向かう。試合着用ユニフォームのうち数着は試合後にオークションに出品され、その売上はボリビアのインテルキャンパス・プロジェクトの支援に使われる。

 インテルクラブの大きなサポートと数多くのメンバー ― その中でも特に今年加入したメンバー ― への感謝を表すために、3つ目のLEDスクリーンの大部分が彼らのために使われる:75ヵ国にあるインテルクラブのメンバーへの感謝を示して、様々な言語での「ありがとう」の言葉に続いてインテルクラブの名前が表示される。

 2020-21シーズンのメンバーシップ・キャンペーンは新規登録者数だけでなく、環境問題に関しても素晴らしい成果を記録した: 100%リサイクル素材を用いて作られたウェルカムキットの最後の注文を含めて、このキットを作成するSolution GroupとForest Nationによる取り決めによって計1400本の木が植樹された。

 そしていつもと同様にインテル・ファン全員のためのサービスであるソーシャルウォールTogether as a teamについても言及しておかなくてはならない。インテル・ファンは試合の前後にセルフィ―を撮り、#togetherasateam と@Inter をタグ付けしてFacebook、Instagram(公開アカウント必須)、Twitterにシェアすることができる。


English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  Versione Italiana 

Load More