殿堂り特別賞受賞者はエルネスト・ペッレグリーニ

殿堂り特別賞受賞者はエルネスト・ペッレグリーニ

 ピッチ外で多く貢献した元インテル会長が同賞を受け取った

 時々一目惚れは回避不可能だ。それは永続的、永久的、完全なる愛の火花を引き起こすことを意味する。エルネスト・ペッレグリーニにとって、それは満員のインテル対ユベントス戦だった:1954年4月4日。サン・シーロには多くの観客がいたため、当時14歳の彼はピッチ内で何が起こっているのかほぼ見えなかった。そこでは素晴らしい選手だったナッカ・スコグランドがドッピエッタを奪い、ネラッズーリが6-0で勝利していた。

 1940年にミラノで生まれたエルネスト・ペッレグリーニはミラノ市街でも、喜びに満ちた目で同スウェーデン王者の動向を追った。エルネストはスコグランドが靴を磨きに行ったメルカンティ広場で同スウェーデン人を見た。同スウェーデン人の素晴らしい活躍に夢中になった若者エルネストは、無限の情熱と感嘆を大きくした:「ネラッズーリカラーに恋をして、誇りを感じた。そしてこう夢見た、いつか...」

 農家の息子であり、冒険心に溢れる労働者。彼は1965年に独自の事業を立ち上げ、現在10,000人を雇用する起業家の冒険を始めた。成功と決意、献身の物語である。インテルの魅力は強かった、とても強かったのだ。1984年ペッレグリーニはスコグランドの時代 - 子供の頃 - 抱いていた夢を実現する機会を得た:インテル会長就任

彼は握手を交わしてフライッツォーリから同クラブを引き継ぎ、インテル史上17番目の会長に就任した - マッシモ・モラッティにバトンを渡す前の1995年までの11年間 - 1989年新記録樹立のスクデット、イタリア・スーペルカップ、UEFAカップ優勝2回を含む11年間:「本当に重要なトロフィーだった時。後悔はある一方で、良い思い出が大半だった」

 ドイツ人のインテル選手:まずルンメニゲ、そしてマテウス、ブレーメ、クリンスマン。ツェンガ、ベルゴミ、フェッリ・ベルティなどを擁したトラパットーリのインテルの良い思い出は列挙できる。セレンツァ=ディアスを擁した先発では常にリズムを生み出し、ゴールを決め、最高のゲームを披露した。

 しかし、サッカーだけではない。エルネスト・ペッレグリーニが昨年9月にサン・シーロに戻った時、数千人のファンが彼に心からの長時間のスタンディングオベーションをした。当然並外れた競技的冒険に感謝もあるが、自分の利益を以上に苦しんでいる人々に自分の時間を費やすことが出来るエルネストに対する敬意でもあった:「その日、私は感動した」

 「私はこれまで経験し、築き上げてきた物に対していつも神に感謝し、私よりも幸運に恵まれなかった人々に何かを渡し返す義務と喜びを感じてきた」。ルベンはエルネスト・ペッレグリーニが少年だった時、飢餓で亡くなった農家だった。彼の記憶と貧困との闘いの象徴としたペッレグリーニ財団が設立され、ルベン・レストランが開業した:「緊急事態下でも毎日300人以上が食事をしている。尊厳のために、そして物乞いの考えを取り除くためのコストは1ユーロだ」。ミラノの中心部でも人々は困難に直面している。これは当然のことと見なしてはいけないピッチ外での具体的な行動だ。これがエルネスト・ペッレグリーニ、生粋のインテルスあり、寛大な人物。

 第3回ネラッズーリ殿堂入り特別賞はペッレグリーニに贈呈される。同氏以前に同賞を受賞したいのはモラッティ家アストゥティッロ・マルジオリオ。ただサッカーだけではない:情、寛大さ、献身。真の模範人物は共に耐え、ネラッズーリカラーに感化された。 

 「同賞に対して私を頭に入れてくれたインテルとCEOアレッサンドロ・アントネッロに感謝したい。誇りに思い、名誉を感じている;会長時代の感情を思い出させる」

殿堂り特別賞受賞者はエルネスト・ペッレグリーニ 殿堂り特別賞受賞者はエルネスト・ペッレグリーニ 殿堂り特別賞受賞者はエルネスト・ペッレグリーニ 殿堂り特別賞受賞者はエルネスト・ペッレグリーニ 殿堂り特別賞受賞者はエルネスト・ペッレグリーニ 殿堂り特別賞受賞者はエルネスト・ペッレグリーニ 殿堂り特別賞受賞者はエルネスト・ペッレグリーニ 殿堂り特別賞受賞者はエルネスト・ペッレグリーニ 殿堂り特別賞受賞者はエルネスト・ペッレグリーニ 殿堂り特別賞受賞者はエルネスト・ペッレグリーニ


English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

INTER HALL OF FAME 2020 TIMELESS EDITION AWARDS CEREMONY

タグ: hall of fame
Load More