ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る

 後半のルカクとラウタロのゴールによって、ネラッズーリがリーグ8連勝を達成した

1/60
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る
ラウタロの決勝ゴールでインテルが2-1でトリノを破る

 トリノ発 - 伝統的なお茶の時間は16時30分から17時00分。そのちょうど真ん中の16時45分、ラウタロ・マルティネス、アレクシス・サンチェス、アクラフ・ハキミがピッチに座り、何かを飲む仕草をした。全員が笑顔で、ちょうど今起こったことに対する喜びが表れていた。このトリオがネラッズーリの今シーズン最高かつ最も重要と言えるゴールを祝うこの場面が、今日のマッチリポートの冒頭で記されるべきシーンだ。そのゴールとは、イル・トロとの試合でエル・トロが決めた素晴らしいヘディングゴール。同アルゼンチン人選手はこれで今までに経験した対トリノ戦4試合の全てで得点したことになる。

 天気が良く、しかし風の強い午後に行われた試合は、ネラッズーリにとって嬉しい結果に終わった。しかしそうなることはわかっていた。輝かしいプレーとはいかなかったものの、インテルはスタディオ・オリンピコ・グランデ・トリノで再び勝点3を獲得することができた。後半のルカクのPKとラウタロの卓越したヘディングによって、ネラッズーリはリーグ8連勝となった。この試合でもかかわった全員が貢献し、途中出場のエリクセンとサンチェスもチームに勢いを追加した。また終盤にはベシーノが7月9日振りとなる試合出場を果たした。全てが成功した素晴らしい1日だった。

 アントニオ・コンテ(出場停止のため、トリノ戦ではクリスティアン・ステッリーニがテクニカルエリアに立った)は月曜日のアタランタ戦から1点を変更し、ガリアルディーニがクリスティアン・エリクセンに代わって中盤にポジションを取った。対するトリノはヴェルディとサナブリアが先発出場し、ベロッティはベンチスタートになった。

 試合は事前に予期された通りの展開になった:3-5-2の布陣のトリノは深く退いてコンパクトに守り、ルカクとラウタロからスペースを奪う。インテルは主にサイドから相手守備陣の裏を取ろうとし、バレッラとハキミが右サイドでいくつか良いプレーを見せる。ネラッズーリは試合開始から7分までにラウタロが2度チャンスを作り、幸先の良いスタートを見せる。最初のチャンスは4分、ペリシッチの絶妙なクロスに頭で合わせたが枠外に飛び、その3分後にはボックス内でフィニッシュに持ち込んだがトリノDFにブロックされた。

 このままネラッズーリが押し込むか?残念ながらそう簡単にはいかなかった。ホストのトリノは深い位置で堅く守り、ブレメルによってルカクを抑えると、ヴェルディとサナブリアがカウンターを仕掛けようとする。トリノがボールを持つ時間帯は少なかったものの、突然先制点のチャンスを作る。左サイドからのFKにリアンコが至近距離から頭で合わせると、ボールは右ポストの内側に当たった。このチャンスで自信を得たトリノは、特に左サイドで積極的に連係し、ゴールを狙うようになる。一方のインテルはボックス内目掛けて多くのクロスを上げたものの、特筆すべきシーンは作れないままだった。

 膠着状態を破りたいインテルは、ホームチームの守備に穴を開けようと試みる。チャンスは60分過ぎ、ヤングとエリクセンが途中出場した後に訪れた。エリクセンのパスをラウタロがルカクに繋げ、同ベルギー人選手がDFに囲まれながらも競り勝ち、ラウタロにパスを出す。すると同アルゼンチン人選手がイッツォにファールされ、インテルがPKを獲得した。このPKをルカクが完璧に決めて、1-0とする。更にその数分後、ネラッズーリがこの試合で最も大きなチャンスを演出した:シュクリニアルのパスを受けたラウタロがハキミに折り返し、同選手がシュートを放ったが、これはシリグに足でセーブされた。

 追加点を挙げられなかったインテルは、逆に70分に失点を喫してしまう:CK後の混戦に乗じて、サナブリアにゴールを奪われた。何としても得点を重ねたいインテルは最後の20分間でプレッシャーに晒されたが、途中出場したザザにもチャンスを与えない。サンチェスの投入によって、ネラッズーリの攻撃が再び勢いづく:同チリ人選手はチームのパスやドリブルの起点となり、ネラッズーリにエネルギーを与えた。そして同選手の右サイドからのクロスからラウタロが見事なヘディングシュートを決めて1-2とした。

 こうしてインテルが再びリードを奪った。パーフェクトとは言えないながらも、ネラッズーリは重要な勝利まであと一歩に迫る。試合の最後の数分間はコンパクトに守り、ベシーノからシュクリニアルまで守備陣が一丸となってトリノの攻撃を退けた。そしてインテルがリーグ8連勝を収め、勝点は65ポイントとなった。

トリノ 1-2 インテル | 試合詳細

トリノ(3-5-2):39 シリグ;5 イッツォ、4 リアンコ、3 ブレメル;27 ヴォイヴォダ(89分10 ゴヤク)、8 バゼッリ(49分77 リネッティ)、38 マンドラゴラ、7 ルキッチ、29 ムッル(67分15 アンサルディ);24 ヴェルディ(67分11 ザザ)、19 サナブリア(89分9 ベロッティ)
ベンチ:18 ウイカニ、32 ミリンコヴィッチ=サヴィッチ、13 ロドリゲス、26 ボナッツォーリ、45 フェリグラ、99 ボンジョルノ.
監督:ダヴィデ・ニコラ

インテル(3-5-2):1 ハンダノヴィッチ;37 シュクリニアル、6 デ・フライ、95 バストーニ;2 ハキミ(89分36 ダルミアン)、23 バレッラ、77 ブロゾヴィッチ(81分7 サンチェス)、5 ガリアルディーニ(56分24 エリクセン)、14 ペリシッチ(56分15 ヤング);9 ルカク、10 ラウタロ(89分8 ベシーノ)
ベンチ:27 パデッリ、97 ラドゥ、11 コラロフ、12 センシ、13 ラノッキア、33 ダンブロージオ、99 ピナモンティ
監督:クリスティアン・ステッリーニ

得点者:ルカク(62分/ PK)、サナブリア(70分)、ラウタロ(85分)
イエローカード:ガリアルディーニ
アディショナルタイム:1+3分

主審:ヴァレリ
副審:ランゲッティ、ロ・チチェロ
第4審判:ディ・マルティーノ
VAR:ファッブリ
VARアシスタント:モンディン


English Version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

タグ: セリエA
Load More