ベシーノが復帰:「良い調子だ、再びプレーして勝つのは素晴らしい」

ベシーノが復帰:「良い調子だ、再びプレーして勝つのは素晴らしい」

 ウルグアイ人選手が2020年7月以来初めてピッチに立った。

 トリノ発マティアス・ベシーノが前回試合に出場したのは2020年7月9日まで遡る。この日は同選手にとって長く困難な期間の始まりを意味し、以降何カ月もプレーできない日々が続いた。今年1月にネラッズーリ・プリマヴェーラの試合に出場したベシーノは、今節トリノ戦終盤の数分間にチームのためにその筋肉と脚力、覚悟をチームのために費やした。

 試合出場を果たし素晴らしい勝利を挙げ、同ウルグアイ人MFは喜びを味わった:「現在調子は良いし、再びプレーできて、何より勝利できたことが本当に幸せだ。ピッチが恋しかった、とても長く、難しい期間だった。でもプレーして初めて経験できるこの感覚を再び感じるために、カムバックを果たさなければならなかった」

 膝の手術を受けたベシーノは、インテルTVに次のように語った:「簡単ではなかった:これほど長くプレーせずに手術を2回受けた後では、努力が必要だ。でも今は100%のコンディションが戻ったと感じているし、素晴らしいパフォーマンスを示したチームの助けになる準備ができている」

 「今日の試合ではいつもより少し多く苦しむことになったが、リーグ優勝したいなら重要な試合がある:過去数年なら、僕たちはこのような試合に勝てなかったかもしれない。勝点3をホームに持ち帰ることが過去との違いだ」

 「僕は出場できる状態だ:たくさんの選手がいるし、重要なことは準備ができていると確信できることだ。僕たちは重要なことのために戦っている、チームを助けられることは良いことだ」


Versión Española  English Version  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  中文版 

TORINO 1-2 INTER | LAUTARO + BASTONI + VECINO EXCLUSIVE INTERVIEWS

タグ: vecino セリエA
Load More