トリノ戦を終えて:順位表、スタッツ、今後の日程

トリノ戦を終えて:順位表、スタッツ、今後の日程

 インテルは今季リーグ戦最多得点数で勝点65を獲得して首位を堅守している。今季セリエA得点ランキングで2選手がトップ5入り

 勝利したトリノ戦は簡単ではなかった。しかしネラッズーリは良い時間帯で得点を奪うことでき、新たな貴重な勝点3獲得に成功。冷静、精確、闘争心が求められた。アントニオ・コンテの選手たちはリーグ戦連勝数を8に伸ばした。

 トリノ戦に勝利したインテルはセリエA首位(勝点65)、2位ACミランとは勝点差9。

 ネラッズーリの今季リーグ戦これまでの成績:20勝2敗5分、得点数65(リーグ最多)失点26(リーグ2番目の最小数)。

セリエA順位表(全順位はこちらをクリック

インテル 65ポイント、ミラン 56ポイント、ユベントス* 55ポイント、アタランタ 52ポイント、ナポリ* 50ポイント、ローマ 50ポイント、ラツィオ 46ポイント、サッスオーロ 39ポイント、ヴェローナ 38ポイント、ウディネーゼ 33ポイント、サンプドリア 32ポイント、ボローニャ 31ポイント、フィオレンティーナ 29ポイント、ジェノア 28ポイント、スペツィア 26ポイント、ベネヴェント 26ポイント、カリアリ 22ポイント、トリノ 20ポイント**、パルマ 19ポイント、クロトーネ 15ポイント

得点ランキング

 現在セリエA得点ランキングでネラッズーリ2名がトップ5入りしている。トリノ戦で先制点を奪ったロメル・ルカクは今季リーグ戦19得点(26試合出場)。同選手より得点数が多いのクリスティアーノ・ロナウドのみ(23得点)。3位はムリエリ、ラウタロ・マルティネス、インモービレ、イブラヒモヴィッチ。ラウカクはこれまでに合わせて19+14=33ゴールを決め、セリエAで最多得点を挙げたストライカーコンビだ。

ロナウド 23 (PK4本)
ルカク 19 (4)
ムリエル 16(1)
ラウタロ 14
イブラヒモヴィッチ 14(3)
インモービレ 14(3)
 

インテルの得点者

 今季これまでインテルの14選手がゴールを挙げた。最多得点は全トーナメントを通し25得点を挙げたルカク(7アシスト)。16得点のラウタロ(9アシスト)、6得点のハキミがその後を追う(6アシスト)。パルマ戦で2得点を決めたサンチェスが5得点。以下の選手が3ゴールを記録:ペリシッチ、バレッラ、ダンブロージオ、シュクリニアル。2ゴール:ビダル、ガリアルディーニ、ダルミアン。1ゴールを挙げたのは:ブロゾヴィッチ、エリクセン、デ・フライ。

スケジュール:ネラッズーリの今後の対戦予定

 インテルは現地時間3月20日(土)20時45分からサン・シーロでサッスオーロと対戦。そして代表ウィークに入り、その後は4月3日(土)ボローニャ戦となる。

第28節
インテル対サッスオーロ - 2021年3月20日(土)20時45分

第29節
ボローニャ対インテル - 2021年4月3日(土) 20時45分

インテルカレンダー:スマートフォンに全日程をダウンロード

 ネラッズーリの試合を見逃さないようにデバイスにインテルカレンダーをダウンロードしよう:こちらをクリック

 ダウンロードをしても最新版にアップデートされない場合は同アプリを再起動(もしくは同アプリを削除して再ダウンロードを試してください)。


English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  中文版  Versione Italiana 

タグ: セリエA
Load More