InterNationals:イタリア勝利の試合でセンシがゴール

INTERNATIONALS:イタリア勝利の試合でセンシがゴール

 バストーニ、バレッラ、エリクセンもワールドカップ予選に出場した。

 ネラッズーリが母国代表として活動する代表ウィークも終わりに近づいてきた。ワールドカップ予選第3節では4人のインテル選手がピッチに立った。

イタリアが勝利した試合でセンシが得点、バストーニとバレッラも出場

 イタリア代表の勝利に再びネラッズーリが貢献。代表監督ロベルト・マンチーニ指揮下のイタリア代表はヴィリニュスで対リトアニア代表戦に臨み、ステファノ・センシとアディショナルタイムのチーロ・インモービレのPKによって2-0でリトアニアを破り、W杯予選で3勝目を記録した。

 この試合には3人のインテル選手が出場した。アレッサンドロ・バストーニは自身にとってアズーリとして4試合目となるこの試合に先発し、89分までプレーした。これがイタリア代表として8試合目となるセンシは後半から出場すると、47分にボックス角から左足でシュートを決めてインパクトを残した。ニコロ・バレッラは62分にペッシーナと交代でピッチに入り、インモービレの得点に繋がるPKを獲得した。

 イタリア代表は獲得可能な勝点全てを手に入れており、現在グループCの首位となっている。更にロベルト・マンチーニのチームは、マルチェロ・リッピ時代の25試合連続無敗という記録に並んだ。

エリクセン先発のデンマークは勝利

 デンマーク代表が再び快勝し、グループFで3戦3勝を記録した。クリスティアン・エリクセンはこの試合で先発入りし、フル出場を果たした。代表監督カスパー・ヒュルマンド率いる同代表はウィーンで、スコフ・オルセン(2ゴール)、メーレ、ホイビュルクのゴールによってオーストリア代表を4-0で破った。

ルーマニアは敗北、ラドゥはベンチ入り

 アルメニア代表と対戦したルーマニア代表は3-2の敗北を喫した。ラドゥはベンチ入りしたが出場機会は得られなかった。


Versione Italiana  Versión Española  English Version  中文版  Versi Bahasa Indonesia 

Load More