コンテ「中断したところへつなげていく必要がある」

コンテ「中断したところへつなげていく必要がある」

 ネラッズーリの同監督がボローニャ対インテル戦前日記者会見で発したコメント

 アッピアーノ・ジェンティーレ発 - 今季最後のインターナショナル・ブレイクが終わり、ネッラズーリの2020-21シーズンセリエAが再び幕を開ける。インテルのリーグ戦再開初戦となるのは、4月3日(土)現地時間20時45分(日本時間4日3時45分)に敵地ダッラーラで開催されるボローニャ戦だ。第29節の試合を翌日に控え、アントニオ・コンテ監督が報道陣の取材に応じた。同監督の発言は以下の通り:

最後に試合を行ってから20日が経ったが、インテルはこれからの9日間で3試合を行う…

「9日間で3試合が待っている、そのため良いスタートを切ることが重要になる。明日は優れたチームと良い監督相手に、非常に注意深く臨むことが求められる。ボローニャは攻撃的な試合をするので注意が必要だ。昨日から全選手から戻っている為、出来る限りの早期に試合の準備を行おうと試みている」

これまでと同様に続けていくために、チームにどのようなメッセージを伝えるつもりか?

「中断前に繋げていかねばならないというメッセージだ。インターナショナル・ブレイク後は決して容易ではないが、シーズンも残り少ないことを彼らは十分に認識しており、可能な限り最高の形で再開する必要がある」

絶対に避けるべきミスは?

「余計な発言をすること。自分達のすべきことに集中し、無駄口を叩かずペダルを踏み続ける必要がある」

前回のインターナショナル・ブレイク後はCovid感染者が多発した。サッカー界はこの問題を抑えるために出来る限りの対策をとって来たと言えるだろうか?

「観測をするのは困難を極める。後になって考えればより良い対策が取れたかもしれないが、Covidが1年にわたって自分達を苦しめてきたことを我々は知っている。サッカー界は日常生活において我々が行っている様に、この状況に適応することを決めた。1日も早い解決を願っている」

ここ最近はチーム編成の変更が減っていたが、インターナショナル・ブレイク明けは数日の間隔で多くの試合が控えている。今こそ再びローテーションをする正しいタイミングと言えるだろうか?

「手にしているリソースを出来る限り活用し、適切なバランスを見つけ正しい選択をしたいと思っている。私は選手達全員をピッチに立たせるつもりで指導している。それは、選手達は呼ばれれば常に自分の役割を果たす準備ができているということを意味している」

インテルはインターナショナル・ブレイク前に8連勝を飾った。それを予想していたか?このレベルにチームが達するために、何をしてきたのか?

「我々は安定と一貫した結果の目指してきた。この連勝を流れに乗るため、良い仕事をこなしてきた。持てる力全てを発揮し我々を止めようとするだろうボローニャ相手に、この流れが途切れないことを願っている。ここまで来れたのは、努力を重ね進歩を試みた結果だ。欠点をなくしクオリティを高めることを考えてきた」

未来は監督にかかっているという印象を受ける。その結果として更なるプレッシャーを感じているか?

「いつも言っているように、過去においてこのような状況に直面することに慣れたクラブであるインテルでプレーすれば、常にプレッシャーはかかるものだ。我々はこの状況に正しく対処せねばならない。このような状況に初めて直面する者も多いことは理解しているが、自分自身に集中し最善を尽くすことが必要だ。それが我々がこれまで持っていた考えであり、これからもそれを続けていくつもりだ」

ここ最近Covidに罹患しながらも、テスト結果で陰性と診断された選手達の様子は?

「サミルのテスト結果はすぐに陰性となり、他の選手よりも早く回復することができた。ベシーノはここ3日間、我々と一緒にトレーニングを続け調子は良い。それはここ最近自宅隔離を行っていた選手達と我々のスタッフとが共に働いていたことにも起因する。デ・フライは昨日トレーニングを再開した。後遺症を感じるのは普通だが、全員の調子を保つよう努力している。また可能な限り早期にダンブロジーオが復帰できることを願っている、全員が必要となるからだ」

復帰後のセンシの様子は?

「ステファノの為にとても喜んでいる。メンタルという点から見ても、今回の復帰は非常に重要だった。今からシーズン終了までに全員が必要とされる、彼の経験したことは、我々にとって非常に前向きなことだ」


Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  English Version  Versione Italiana  中文版 

BOLOGNA-INTER | La conferenza stampa di Antonio Conte

タグ: conte セリエA
Load More