インテルスタッツ | サッスオーロ戦に関する関連データ

インテルスタッツ | サッスオーロ戦に関する関連データ

 延期されたネラッズーリの第28節は日本時間4月8日1時45分にキックオフ。ブロゾヴィッチとバストーニは累積警告で欠場する

 聖土曜日のボローニャ戦に勝利したインテルは今週、平日にも試合を行う:日本時間4月7日(木)1時45分、ネラッズーリは延期されたセリエA第28節のサッスオーロ戦に臨む。

現在の状況

 インテル対サッスオーロ戦は本来3月20日(土)に行われる予定だった。アントニオ・コンテ率いるインテルは試合のない20日間を経て、4月3日(土)に再びピッチに戻り、前半のロメル・ルカクの得点によってボローニャにアウェイで1-0の勝利を収めた。ネラッズーリはこれで9連勝を記録し、勝点68ポイントでリーグ首位に立っている。

 ロベルト・デ・ゼルビが監督を務めるサッスオーロは現在リーグ9位で、勝点は40ポイント。同クラブは週末の対ローマ戦を2-2で引き分けた。シーズン前半にマぺイ・スタジアムで行われた対戦は、アレクシス・サンチェス、ガリアルディーニ、キリケシュ(オウンゴール)のゴールによってネラッズーリが3-0で勝利した。

セリエA順位表

インテル対サッスオーロ戦のスタッツと過去の戦績

 インテルの現在の連勝記録はクラブの歴史においても長いものだ:ネラッズーリがこれより長く連勝し続けたのは2007年のみで、当時ロベルト・マンチーニ指揮下のインテルは17連勝を記録した。現在のインテルよりも長い連勝を直近で記録したクラブはラツィオで、同クラブは2020年1月までに11連勝を達成した。

 インテルは対サッスオーロ戦で苦戦を強いられることが多い。両チームはこれまでにセリエAで15回対戦しており、ネロヴェルディに対するネラッズーリの戦績は6勝7敗2分だ。インテルはサン・シーロでは2回しか勝利していないが、そのインテルの2勝は両チームがミランで相見えた最初の2試合で記録されたものだ。インテルが前回ホームでサッスオーロに勝利したのは2014年だ。それ以降のサン・シーロでの対戦結果はサッスオーロの3勝と引き分けが2回で、最後の対戦である昨年は3-3の引き分けだった。

その他の情報と現在のコンディション

 インテルはサン・シーロで10試合連続勝利を収めている。ネラッズーリがこれより長くホームで連勝したのは2011年で、インテルは当時ホーム13連勝を記録した。

 ロメル・ルカクラウタロマルティネスには共通するデータがある:2019年10月にインテルが4-3で勝利した対サッスオーロ戦にて、両選手は初めてセリエAで1試合2得点以上を決めた。サッスオーロはセリエAのアウェイ戦直近7試合で5敗(残りは1勝1分)しているが、その前の7試合は無敗(5勝2分)だった。ネロヴェルディはリーグ戦の直近5試合で毎回2失点以上を記録している:これは同クラブにとってセリエA最長記録だ。

人員状況:バストーニとブロゾヴィッチが出場停止

 インテルはマルセロ・ブロゾヴィッチとアレッサンドロ・バストーニ抜きでサッスオーロ戦に臨む。両選手はボローニャ戦でイエローカードを出され、累積警告で出場停止となった。両チームの出場停止に関する情報は以下の通りだ:

出場停止:バストーニ、ブロゾヴィッチ

あと1回の警告で出場停止:
インテル:バレッラ、ルカク
サッスオーロ:ジュリチッチ、ベラルディ、ロジェリオ、トラオレ
 


Versi Bahasa Indonesia  English Version  中文版  Versione Italiana 

タグ: セリエA
Load More