コンテ「シーズンで重要なステージだ、我々は今に集中する」

コンテ「シーズンで重要なステージだ、我々は今に集中する」

 インテル対カリアリ戦前記者会見でのインテル監督のコメント | 動画

 ミラノ発 – 延期された第28節に勝利したインテルは、4月11日(日)日本時間19時30分にホームのメアッツァでカリアリを迎え撃つ。アントニオ・コンテがこの試合の前日に行われた記者会見に出席し、ジャーナリストの質問に答えた。

カリアリは良いチームで現在の順位はふさわしいとは言えないし、明日は全力でプレーするだろう。どのような試合になると考えているか。

 「カリアリが擁する選手を見ると、彼らが順位表の下の方に位置していることは驚きだ。カリアリは残留するために全力を投じるだろうから、難しい試合になると予期している。もちろん彼らは今年別の目的を掲げていただろうし、今は少し危機的な状況だ。競争力のあるチームなのでそれには驚かされている」

明日のインテルはどのような試合をするか。

 「我々のゲームプランとどのような準備をしてきたかは、明日わかるだろう」

数人の選手を休ませ、他の選手に出場機会を与えるチャンスになるか。

 「我々はシーズンの重要なステージに入る。我々にとって7日間で3試合目になるし、勝てる競争力のあるチームを編成するために最適な選択をするつもりだ。ボローニャとサッスオーロ相手にハードな2試合を行ったが、我々の準備はできている;チームはよくやっているし、良いプレーをして3ポイント全ての勝点を獲得するよう試みる」

明日はナインゴランと対戦する。彼についてエリクセンやペリシッチと同じようにしなかったことを残念に思うか。

 「彼がインテルにいて、私が彼の監督である機会を得られたことをラジャに感謝したい。その後選択が行われたが、我々は今について考える必要がある。彼との再会は嬉しいことだが、我々は彼に対して注意しなければならない。古巣のチームとの試合で選手がより力を出すことはよくあるからだ」

ジムに関するあなたの発言を受けて起こった議論についてどう考えるか。

 「常にそうであるように、私は現在について考えているし、何か特別なことを成し遂げようと試みている。我々はこのことに集中し続けなければならないし、インテルについて語る人々も同じようにする必要があると考える。なぜなら未来について語るだけでは何の意味もないからだ。今に集中し、選手たちがしていることを称える必要がある」

あなたはユヴェントスで最初のシーズンに優勝を果たし、信じられないようなサイクルをスタートした。そしてチェルシーでも最初のシーズンにプレミアリーグで優勝している。他のクラブでの仕事と比較して、ここでの自身の仕事をどのように評価するか。

 「いずれにせよ、我々はまだ何も成し遂げていない。我々はインテルに光を取り戻し、昨シーズンにヨーロッパリーグ決勝進出という近年のイタリアのチームとしては同大会で最良の結果を出したことを鑑みれば、イタリアとヨーロッパで手強い対戦相手と見做されるチームになった。これから我々は最も重要な最後の一歩を踏み出さなければならない。このステップを成し遂げられることを願っているが、失望の可能性もすぐ近くにあるとわかっている。私の経験は、今について考え、今を楽しめと言っている。なぜなら我々は未来の偉業について語る前に、黙ってペダルを漕ぎ続ける必要があるからだ。何のトロフィーも獲得していない、だから大仰な宣言もしない」

このチームが最も注意すべきことはなにか。

 「対戦相手にスペースを与えすぎないこと。少しのずれが下位のチームにチャンスを与えることになる。私はリードを覆し、覆された。だから最も重要なのは勝ち続けることだ。そうすれば遅かれ早かれ、追跡しているチームは諦めるだろう」

インテルでの2年間で最も困難だったこと、あるいは最も満足したことは何か。

 「インテルに来ることはあらゆる意味で私ができる最も困難な選択だったが、私は居心地の良い場所に留まり続けるタイプではない。過去に生きることはないし、決して諦めない。試合に身を投じることが好きで、それがインテルでも起こった。私には失うものがあったが頑固だし、そのような精神的な壁を破る準備もできている」


中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version  Versión Española 

ANTONIO CONTE PRE-MATCH PRESS CONFERENCE

Load More