ハンダノヴィッチがボルドンに並ぶ:インテル公式戦382試合

ハンダノヴィッチがボルドンに並ぶ:インテル公式戦382試合

 ハンダノヴィッチはインテル歴代GK選手最多出場数ランキングで2位タイ

 ミラノ発 - カリアリ戦でサミル・ハンダノヴィッチはインテルで公式戦382試合出場。同ネラッズーリ主将は伝説的ネラッズーリ元GK選手イヴァーノ・ボルドンと肩を並べた。ハンダノヴィッチとボルドンはインテル歴代GK選手最多出場数ランキングで2位タイ。1位はワルテル・ツェンガ(473試合)。

 ハンダノヴィッチは同記録を勝利と無失点で祝った。現在ハンダノヴィッチはネラッズーリに9シーズン在籍、今年2月にはセリエA通算500試合出場を達成、セリエA歴代外国人GK選手最多出場数ランキングでは1位。2018-19シーズン・セリエA最優秀GK賞に選出され、セリエAでの最多PKストップ数記録を保持している:25回。

ハンダノヴィッチ:インテル公式戦382試合出場

  • セリエA322試合
  • コッパ・イタリア16試合
  • チャンピオンズリーグ18試合
  • ヨーロッパリーグ26試合

ボルドン:382試合と記録

 1951年生まれのイヴァーノ・ボルドンは1970年11月8日に勝利したACミランとのミラノダービーでインテルデビューを飾る。1-0でヴィエリが負傷して途中出場、プロキャリアで初めて失点を喫したのはリヴェラのPKから。ボルドンのインテル初年度はスクデット獲得で終了:1970-71シーズンは9試合出場。次に脚光を浴びたのはユーロピアンカップでのボルシア・メンヒェングラードバッハ戦。ボルドンはベルリンで英雄となった:PKを止め、連続で華麗なセーブを披露して0-0の引き分けに貢献。

 ボルドンは1970年から1983年までインテルに在籍。獲得タイトル:トルネオ・ディ・ヴィアレッジョ(1971年)、スクデットとコッパ・イタリア2回。2度目のセリエA優勝は1979-80シーズンにボルドンはインテルの連続無失点記録を樹立する:686分(第4節から第11節)。

 インテルで382試合に出場したボルドンはサンプドリアに移籍。だがその前にアングロ=イタリアン・カップ 優勝4回、"アルマンド・ピッキ"ナショナルリーグ優勝を獲得。

 ボルドンは2度世界の頂点に立った:1982年W杯(出場機会はなかった)、2006年W杯(マルチェロ・リッピのコーチングスタッフ)。

インテル歴代GK選手最多出場数ランキング

  • ワルテル・ツェンガ 473試合
  • イヴァーノ・ボルドン&サミル・ハンダノヴィッチ 382試合
  • ジュリオ・セザール 300試合
  • ジャンルカ・パリュウカ 234試合
  • フランチェスコ・トルド 233試合
  • リド・ヴィエリ 199試合
  • ジュリアーノ・サルティ 198試合
  • ジョルジオ・ゲッツィ&アンジェロ・フランツォシ 191試合


Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versión Española  中文版  Versione Italiana 

関連ニュース

Load More