エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取

 スタディオ・ディエゴ・アルマンド・マラドーナ開催の1戦は1-1の引き分けに終わった

1/69
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取
エリクセンの鮮烈な一撃でインテルがナポリで勝ち点を奪取

 ナポリ発 -「軌跡」とは、ボールの動きを指すこともあれば、チームのフォームを表す言葉でもある。ここまで好調の波に乗るインテルは連勝を11に伸ばし本日18日のナポリ戦に臨んだ。両チームは前評判通り、息を呑む激闘を繰り広げた。前半序盤からナポリがハイプレスを仕掛けるも、コンテ率いるチームは自らの好調を裏付ける実力を発揮。だがスタディオ・ディエゴ・アルマンド・マラドーナでの前半45分間、堅実なパフォーマンスを発揮するネラッズーリを、オウンゴールとポスト直撃の2本のシュートという不運が襲う。後半、選手達は一丸となって闘い、エリクセンが左足から放った鮮烈な一撃で同点へ追いつく。終盤、ナポリのシュートがクロスバーを叩いた場面を除くと、ハンダノビッチの出番はほぼ訪れなかった。終了間際にはゴール前へと単身抜け出したハキミが逆転のチャンスを得たものの活かしきれず、試合は1-1で終了。インテルの連勝記録は止まったが、依然として2位に9ポイント差をつけ首位を独走している。だがまだ7試合が残されている。

 連勝を11に伸ばせば、勝利への情熱はより一層その熱を増す。だが緻密に定義された戦い方で連勝を重ねた場合、対戦相手が対策を講じることは避けられない。インテルはこれまで同様3-5-2の布陣で臨み、ダルミアンを左サイドで起用。対するガットゥーゾは4-2-3-1のフォーメーションは変えることなく、代わりに高度に体系化された組織プレーをチームに課した。ナポリは臆することなくラインを上げ、デンメがエリクセン、ルイズがブロゾビッチをカバー。序盤は両チームに決定機に乏しい展開となった:インテルは自陣深くから守備で対応、ボールを支配したナポリは突破口を見出せず攻めあぐねた。

 立ち上がり、インテルはクリバリのマークを外して切り開いたスペースから数度のチャンスを掴む。だがコンテ指揮するチームがペースを上げ、連係からゴールを脅かすまではおよそ30分の時間を要した。ルカクが危険なランを繰り返し、ダルミアンが左サイドで躍動する。29分にはブロゾビッチのシュートにルカクが右足を合わせたがボールはクロスバーに弾かれた。

 しかしネッラズーリが調子を上げ始めた局面でナポリが先制。インシーニェの低い弾道のクロスへハンダノビッチが反応、デ・ブライと衝突し不運にもボールはゴールライン内側へと転がった。この失点にも意気消沈することなく奮起したインテルの放った一撃は、再びポストに阻まれる:エリクセンのFKがルカクに当たりポストを直撃。3ヶ月ぶりとなるビハインドに陥ったネッラズーリが、一早い軌道修正を望んでいることは明白だった。前半終了間際にはラウタロがゴール前に走り込んだバレッラにダイアゴナルパスを供給、だがと飛び出したメレトに阻れた。

 後半、インテルは反撃に転じ、ラインを押し上げナポリを自陣へと後退させる。それは一方的は包囲網ではなく、メレトがセーブを強いられる場面は少なかったものの、ナポリはインテルの鉄の意志に押し返され自陣へ下がる他なかった。

 インテルはこれまで同様チームとして働き、ピッチ全体を活用してビルドアップ。右サイドを突破したハキミのクロスを受けたダルミアンのシュートはクリアにされるが、PA左隅へと転がったセカンドボールにエリクセンが走り込み左足を一閃。同選手の強烈なシュートはゴール左下へと突き刺さった。1-1。

 インテルはすかさず2点目を狙うが、試合のテンポが上がり一進一退の攻防が繰り広げられたにもかかわらず両チーム共に相手ディフェンスを攻略しきれず。ナポリは裏を狙ってインシーニェが絶えず掻き回し、ルイズがチームが創造性を発揮、ポリターノが突破を試みた。80分には元ネラッズーリの同選手がドリブルでエリア内へと侵入、シュートへと持ち込んだがボールはクロスバーを叩くのみに終わった。今回幸運に助けられたのはネラッズーリだった。

 インテルは決して諦めることはなかった。最後の数分、素早いボール回しから交代出場のサンチェスがロブパスをゴール前へ供給。走り込んだハキミがメレトと1対1になるが、最後の瞬間にマノラスがブロックし、このチャンスを逸した。 

ナポリ 1–1 インテル

得点者:ハンダノヴィッチ(36分/OG)、エリクセン(55分)

ナポリ(4-2-3-1):1 メレト;22 ディ・ロレンツォ、44 マノラス、26 クリバリ、6 マリオ・ルイ;4 デンメ、8 ファビアン・ルイス(90+1分 5 バカヨコ);20 ジエリンスキ(88分 7 エルマス)、21 ポリターノ(90+1分 23 ヒサイ)、24 インシーニェ;9 オシムヘン(74分14 メルテンス)
ベンチ:16 コンティーニ、46 イダシアク、3 ゼダドカ、19 マクシモヴィッチ、33 ラーマニ、37 ペターニャ、58 チオフィ、68 ロボツカ
監督:ジェンナーロ・ガットゥーゾ

インテル(3-5-2):1 ハンダノヴィッチ;37 シュクリニアル、6 デ・フライ、95 バストーニ;2 ハキミ、23 バレッラ、77 ブロゾヴィッチ、24 エリクセン(84分 5 ガリアルディーニ)、36 ダルミアン(69分 14 ペリシッチ);9 ルカク、10 ラウタロ(75分 7 サンチェス)
ベンチ:27 パデッリ、97 ラドゥ、8 ベシーノ、12 センシ、13 ラノッキア、15 ヤング、33 ダンブロージオ、99 ピナモンティ
監督:アントニオ・コンテ

アディショナルタイム:1分+4分
警告:クリバリ、ダルミアン、デンメ、ポリターノ、メルテンス、マノラス、ハキミ
主審:ドヴェリ
副審:コスタンツォ、ランゲッティ
第4審:マリーニ
VAR:マッツォレーニ
VARアシスタント:パガネッシ


Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versione Italiana 

タグ: セリエA
Load More