欧州を代表するクラブがスーパーリーグ創設に合意

欧州を代表するクラブがスーパーリーグ創設に合意

 FCインテルナツィオナーレ・ミラノは創設クラブの1つとして名を連ねる

 FCインテルナツィオナーレ・ミラノは - 欧州を代表する11のサッカークラブと共に - 創設クラブが運営する平日開催の新トーナメント、スーパーリーグ発足に合意した。

 FCインテルナツィオナーレ・ミラノは、ACミラン、アーセナルFC、アトレティコ・マドリード、チェルシーFC、FCバルセロナ、ユベントスFC、リバプールFC、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリード、トッテナム・ホットスパーと並んで、スーパーリーグ創設クラブに名を連ねる。  可及的速やかに予定されるシーズン開幕を前に、更に3クラブの参加が期待される。

 創設クラブは今後パートナーとしての協働関係を築き、新リーグ及びサッカー界全体に最良の結果をもたらす為、UEFAおよびFIFAと協議を重ねていく意向である。

 スーパーリーグ発足は世界的なパンデミックにより欧州サッカーの既存経済モデルの不安定化が進む時期に実現。創設クラブは数年前から各シーズンを通し既存の欧州大会の質と競争力の向上に努め、トップクラブとトッププレーヤー達が定期的に競い合うことのできる大会の創設を模索してきた。

 今回のパンデミックにより、欧州サッカー全体に利益をもたらす価値と支援を高めるためには、戦略的ビジョン、及び持続可能な商業的アプローチの必要性が明白となった。この数ヶ月間、欧州における将来的な大会形式についてサッカー界のステークホルダーと広範な協議が行われた。創設クラブはこの協議の末に提案された解決策は、より高いクオリティでの試合の提供、サッカー界全体への資金の追加提供といった必要性を含む、根本的な問題を解決できないと考えている。

大会形式

  • 創設15クラブに加え、前シーズンの成績に応じ毎シーズン5チームが参加、合計20クラブによって争われる。
  • 全参加クラブは伝統的な国内リーグ試合日程を維持しながら各国国内リーグを戦い、平日に同大会の試合へ参戦する。
  • 同大会は8月に開幕し、1グループ10チームの2グループに分かれてホーム・アンド・アウェイ方式で試合を行う。各グループ上位3クラブが自動的に準々決勝への出場権を獲得する。 残る準々決勝の座を各グループ4位と5位のクラブがプレーオフ2試合で争う。5月末に開催される決勝戦は中立地においてノックアウト方式で行われる。

 また男子大会の開催後、可能な限り早期に呼応する女子リーグを立ち上げ、女子サッカーの促進と発展に貢献する。

 新発足の同年次大会は、リーグの収益に応じ無制限に増加する連帯金を長期的に約束することで、欧州サッカー界に強大な経済成長と支援をもたらす。同連帯金は既存の欧州大会で給付される額を大幅に上回り、クラブの初期コミットメント期間中に100億ユーロを超えると予想されている。 加えて同大会は全創設クラブが支出の枠組みに合意することで持続可能な財政基盤を確立。創設クラブはその誓約に対し、施設整備の援助及びコロナパンデミックによる経済的打撃の補償として35億ユーロを受け取る。


English Version  Versión Española  Versione Italiana  中文版  Versi Bahasa Indonesia 

タグ: クラブ
Load More