スペツィア戦は1-1の引き分け

 ペリシッチ得点で同点にするも、決勝点は奪えなかった

1/91
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け
スペツィア戦は1-1の引き分け

 ラ・スペツィア発 – 最後まで多くの走りと汗を流すことが必要だと知っている。今夜インテルは合計20本のシュートを放ち(スペツィアは1本)、ゴール枠に2度嫌われ、2度オフサイドでゴールが取り消された。当然少し後悔の念がある。それでも勝点1を獲得し、今夜サッスオーロに敗北した2位ACミランとの勝点差を10に広げた:どんな勝点も覚悟と慎重な戦いで勝ち取られる。

 スペツィアは今夜の試合でシュート数1本、ハンダノヴィッチが許した1失点のシュートだけである。その他の試合内容は一方的なものだった。ペリシッチの同点弾後、ラウタロがポストを2度叩き、ルカクには絶好機、シュクリニアルはゴールライン上で防がれ、終盤の2得点はオフサイドで認められず。試合は1-1で終了;次は25日(日)ヴェローナ戦に集中。

 今夜の目標は一つだけだった:リーグ優勝に近くための勝点3。ネラッズーリはスペツィアが一歩も譲らないことを理解して同試合に臨んだ。イタリアーノの選手たちはこれまで何度もスタディオ・ピッコで示した勇気を出し、その意思の強さを証明。それは前期サン・シーロでの試合も同様だった。コンテはナポリ戦の先発メンバーか1選手を変更。左サイドハーフに入っていたダルミアンの位置に、今夜ネラッズーリ公式戦200試合出場を達成したペリシッチが起用された。

 インテルが相手を研究してきたように、試合はスローペースで始まった。ネラッズーリは両サイドから頻繁に攻撃を仕掛け、右サイドのハキミが前線に快足を飛ばした。しかし12分にインテルは一撃を食らう:ボックス左端にいたファラリスがカットインから右足を振り抜き、ハンダノヴィッチの牙城を崩した。同インテル主将はおそらく上手く防げたはずのシュートだったと考えるだろう。

 ナポリ戦と同じく、インテルはビハインドの状況に陥り、是が非でも軌道に戻る必要があった。スペツィアは最初で最後のシュートでゴールを記録。リードを手にしたホームチームはコンパクトな陣形を保ち、インテルにボールを持たせることを苦としなかった。コンテの選手たちは冷静さを失わず、同点ゴールの道を徹底的に探り続ける。

 だがインテルはプロヴェデルが脅威と感じるシュートを放てない。ラウタロのシュートは相手選手に当たって枠外、良い位置からバレッラが打ったシュートはゴール枠内に飛ばず。1点が遠い時間帯が続き、プレッシャーが増加する中で、ペリシッチとハキミの両ウィングバックの連係でインテルは同点に追いつく。右サイドからハキミがクロスを送り、ファーサイドでペリシッチがボールを押し込んだ。

 ハーフタイム前に試合を振り出しに戻したインテルは精神的に優位に立ち、ネラッズーリはただ後半に決勝弾を挙げることに集中できた。だがスペツィアの守備は崩れない。ネラッズーリは明確さと精確さを攻撃に求められた。ラウタロは前線からホームチーム守備陣にプレッシャーを与え、先頭からチームを引っ張る。

 献身性を持ったエル・トロだがシュートはポストに嫌われる。後半、インテルのパフォーマンスは特に速さはなかったが、大半の時間帯をゴールの道を探し続けていた。ハキミとバレッラは右サイドで相手の脅威となり、ペリシッチも後半ゴール前まで攻め上がる。スペツィアの守備からビックチャンスが2度あったが、プロヴェデルがルカクに得点を許さなかった

 苛立ちが感じながら時間は過ぎ、組み立てはできていたが精確さが欠如。後半中盤にサンチェスとヤングが入り、最後のひと押しを試みる。一方でラウタロのミドルシュートはまたしてもゴールポストに弾き飛ばされた。その次にシュクニリアルがサンチェスのフリーキックをゴール前で合わせるも、プロヴェデルがゴールライン上でキャッチ。そして85分(ルカク)と87分(ラウタロ)にインテルがネットを揺らす。しかし、どちらもオフサイド判定で取り消しとなった。

 同試合最後のチャンスとなったラウタのシュートシーンもプロヴェデルが抑える(90+4分)。全体的にタフな試合、多くのチャンスを逃して不満な勝点1、しかしインテルは野心を保ち、リーグ優勝の目標はまだ手中に収めている

スペツィア 1-1 インテル

得点者:ファリアス(12分)、ペリシッチ(39分)

スペツィア(4-3-3):94 プロヴェデル;21 フェレル(46分69 ヴィニャーリ)、34 イスマイリ、19 テルツィ、5 マルキッツァ(79分39 デッロルコ);25 マッジョーレ(84分88 セナ)、8 リッチ、24 エステベス;80 アグデロ、91 ピッコリ(62分9 ガラビノフ)、17 ファリアス(79分11 ギャシ)
ベンチ:12 クラピカス、4 アカンポラ、10 アゴウメ、13 カプラドッシ、22 チャボト、26 ポベガ、31 ヴェルデ
監督:ヴィンチェンツォ・イタリアーノ

インテル(3-5-2):1 ハンダノヴィッチ;37 シュクリニアル、6 デ・フライ、95 バストーニ;2 ハキミ、23 バレッラ、77 ブロゾヴィッチ、24 エリクセン(74分7 サンチェス)、14 ペリシッチ(74分15 ヤング);9 ルカク、10 ラウタロ
ベンチ:27 パデッリ、97 ラドゥ、5 ガリアルディーニ、8 ベシーノ、12 センシ、13 ラノッキア、33 ダンブロージオ、36 ダルミアン、99 ペナモンティ
監督:アントニオ・コンテ

イエローカード:マルキッツァ、リッチ
アディショナルタイム:0+4分

主審:キッフィ
副審:ロンゴ、ボッテゴーニ
4審判:ヴォルピ
VARヴァレリ
VARアシスタントジェッラティー二


Versión Española  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version 

タグ: セリエA
Load More