誕生日おめでとう、スパイダーマン!

誕生日おめでとう、スパイダーマン!

 才能、情熱、インテル:ユースチームから殿堂入りしたワルテル・ゼンガが今日61歳になった

 ゼンガの物語は才能、除熱、ある 特定の日の運命に結びつく。1971年ワルテルはネラッズーリ史上歴代最高GK選手の1人となった。

 1971年から1978年までインテルプリマヴェーラに在籍し、1982年から1994年の12年間インテルトップチームで活躍したゼンガは自身の夢を実現し、ネラッズーリゴールを守り、異次元のGK選手に成長を遂げた。ニックネームはスパイダーマン、1989年から1991年の3年連続でベストGK選手の称号を得た。

 ゼンガには運命才能があった...そしてインテルとサッカーへの情熱だ。

 ゼンガは鉄壁のセーブとカリスマを持ち合わせ、ネラッズーリで通算473試合に出場。1989年"新記録樹立のスクデット"を成し遂げ、イタリアン・スーペルカップ、UEFAカップ(2回):1990-91シーズンと忘れられない1994年5月11日決勝ザルツブルク戦。

 ネラッズーリに人生を捧げた男:インテルを応援しにサン・シーロに足を運んだ少年は、GK選手で初めてネラッズーリ殿堂入りを果たした。

 「夢が叶った子供の夢。スタジアムに行き、インテルを見たかった。この賞は特別な感情だ!」

 今日61歳になったゼンガはクラブと世界中のファンから祝福の言葉を受ける。


Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versione Italiana  Versión Española 

Load More