コンテ「自分たちとファンのために喜んでいる。ハードワークと犠牲心が実を結んだ」

コンテ「自分たちとファンのために喜んでいる。ハードワークと犠牲心が実を結んだ」

 '90° minuto'で同インテル指揮官がコメント

 インテルが19度目のスクデット獲得を決めた日、アントニオ・コンテの言葉には満足感とついにこの素晴らしい記録を達成できた喜びに溢れていた。今回のリーグ優勝は最高の決意と共に成し遂げられた。90° minuto'で同ネラッズーリ指揮官はリーグ優勝決定後の思いの丈を語った:

 「今はよりリラックして、実現できた成果に喜んでいるよ。我々は自分たち、後ろでインテルを頂点に運んでくれた人々、ファンに満足している。この優勝はキャリアの中で最大の功績の一つだ;インテルに向かうことは私にとって簡単な選択ではなかったよ。当時のチームは勝利することに慣れていなかった。私の古巣ユヴェントスの直接的ライバルのチームでもあったからね」

残りの試合:

 「最後まで自分たち部分を担当しないといけない。我々は4試合を残してリーグ優勝をした。ユヴェントス戦もある。ユヴェントス・スタジアムに戻れるのは良い機会になる:私はそこで監督を務め、今は敵とし向かう」

今シーズン鍵となった瞬間:

 「鍵となった瞬間はチャンピオンズリーグ敗退した週だ。我々は全方向から批判された、誇張された方法でね。このチームの選手たちは全ての面で競争に慣れていなかったよ。我々は非常にうまく結束し、この過度な批判を受け止めた」

現在の喜び:

 「スクデット獲得を噛みしめることは正しい。ミーティング後にミーティングは設けない。我々はこの瞬間を楽しむよ。そして実績を評価する時間となる。もしチームで勝ちたいなら、1人の選手を選び出すのは正しくない。チームがこの優勝をもたらし、私に信頼を寄せられることを示した。我々はやり遂げた。今季我々が進んだステップは我々をリーグ優勝に運んでくれた。今はそれを楽しむよ」

戦術:

 「試合中は複数の時間帯を交互に起こさせた。このチームは全面において優秀だった。試合中、チームは状況を読む術を知らなければいけない。必要な時は待ったり、プレスを仕掛けた。選手たちは試合中にそれを読む方法はないことを学んだよ」

最後に、メッセージ:

 「私はこのスクデットを私に近く、ピッチ外で私と生きる人々に捧げた:妻、娘、兄弟。私にとって本当に重要な存在となっているレレ・オリアーリに感謝したい。彼は直近2年間で最も影響を与えた人物だ」


中文版  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  English Version 

Load More