インテルスタッツ | 順位表、ルカクのリーダーシップなど

インテルスタッツ | 順位表、ルカクのリーダーシップなど

 勝利を収めたクロトーネ戦の情報

 勝点82、アタランタとの勝点差14。日本時間5月2日22時キックオフのサッスオーロ対アタランタ戦で同ベルガモチームが白星を飾らなかった場合、インテルのリーグ優勝が決定する。エリクセンとハキミのゴールでクロトーネ戦を制したネラッズーリの現状況である。今季セリエA後半戦はコンテのチームにとって素晴らしい時間が続いている(15戦13勝2分) 。

 現在ネラッズーリの勝点82には、昨季リーグ戦の勝点と並ぶ数字:今季はまだ4試合を残している。2019-20シーズンは勝点82で2位フィニッシュ、首位ユヴェントスとの勝点差は1だった。

 ネラッズーリの活気ある道のりについて更なる事実がある:クロトーネ戦で今季リーグ戦14度目のクリーンシート達成。これは昨季セリエA最多回数を超える。

 昨夜の試合の前半は終盤に得点を奪うネラッズーリの典型的な状況となった:ポスト直撃のシュート!昨夜はルカクとラウタロがポストに嫌われた。インテルは2021年4月の7試合で10回ポスト直撃のシュートを放った - 他チームより少なくとも6回多い。今季リーグ戦では18回起きており、ACミランとエラス・ヴェローナのみが上前る(20回)。

 インテルはエリクセンの得点(セリエA通算3得点目)とアクラフ・ハキミの今季7得点目でクロトーネ戦で勝利を収めた。ハキミは6アシストも記録しており、今季13得点に関与している。欧州5大リーグのDF陣ではロビン・ゴゼンスだけが同モロッコ人選手を上回る得点関与数を記録している。

ルカク:20得点10アシスト。誰も成し遂げない数字!

 ロメル・ルカクは得点を決めなかった時でも(最後に得点を決めたのはボローニャ戦、クロトーネ戦はペリシッチのオフサイドで取り消し)、チームメイトにとって有益な存在だ。クリスティアン・エリクセンの先制弾をアシストしたルカクはセリエA2004-05シーズン以来初の20得点10アシストを成し遂げた選手となった。加えてマイコン(11アシスト:2009-10シーズン)以来となるセリエAシーズン二桁アシストを達成した外国籍インテル選手となった。


Versión Española  English Version  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  中文版 

Crotone-Inter 0-2 | Highlights

タグ: セリエA
Load More