ピナモンティとインテル初ゴール:「信じられないほど素晴らしい」

ピナモンティとインテル初ゴール:「信じられないほど素晴らしい」

 まずはスクデット、そしてゴール:若きイタリア人ストライカーのコメント

 ミラノ発 - チームメイトにハグされて背中を叩かれるその選手の瞳は輝いていたが、涙が零れ落ちそうでもあった。アンドレア・ピナモンティとインテル:そのストーリーは1999年にクレスに生まれた若きイタリア人選手の子ども時代まで遡ることができる。エリートアカデミーから、17歳で出場したヨーロッパリーグのスパルタ・プラハ戦が行われた2016年12月8日まで。ピナモンティは2シーズンで5試合に出場した;その後フロジノーネとジェノアでプレーし、再びホームへと帰ってきた。そして今日、インテル選手として出場した8試合目で初ゴールを挙げた。それは美しいゴールで、サンプドリア戦でのインテルの4ゴール目だった。

 この記憶に残る瞬間を、ピナモンティは試合後に次のように振り返った:「信じられないほど素晴らしい、当たり前かもしれなけれど実際にそうだ。スクデット獲得だけでも十分素晴らしいが、スコアシートに名前が載ることはファンタスティックな一年の仕上げになった。この卓越したグループにはとても多くのチャンピオンとリーダーがいる。試合出場は減ったにもかかわらず、今年は一番成長できた年だと思う。それは、僕がこのチャンピオンたちの側にいたからだ。本当に素晴らしい一年だった」

 ピナモンティはシュクリニアルとのハグについても語った:「出場する前に、得点できる気がすると彼に言った。そうしたら彼は僕にスペシャルなハグをすると約束してくれたんだ」

ピナモンティとインテル初ゴール:「信じられないほど素晴らしい」 ピナモンティとインテル初ゴール:「信じられないほど素晴らしい」 ピナモンティとインテル初ゴール:「信じられないほど素晴らしい」 ピナモンティとインテル初ゴール:「信じられないほど素晴らしい」 ピナモンティとインテル初ゴール:「信じられないほど素晴らしい」 ピナモンティとインテル初ゴール:「信じられないほど素晴らしい」


Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  中文版 

Inter-Sampdoria, le interviste a Radu, Gagliardini e Pinamonti

Load More