ラドゥ「インテルと共に勝つことは、自信の大きな源」

ラドゥ「インテルと共に勝つことは、自信の大きな源」

 ゴールキーパーが5年振りにネラッズーリとして試合に出場した。

 ミラノ発 – サッスオーロ対インテル戦は2015-16シーズンのネラッズーリの最後の試合だった。その試合の72分、ロベルト・マンチーニはカリーソに代えて19歳のヨヌーツ・アンドレイ・ラドゥをピッチに送り出した。クラブのユース各世代でプレーし、2013年にファーストチームに昇格したラドゥはこの試合でプロデビューを果たした

 ラドゥはネラッズーリ・カラーと強く結びついている。同GKはローン移籍先のアヴェッリーノ、ジェノア、パルマでプレーした後にネラッズーリに戻って来た。そしてデビューから5年後の今、ラドゥはクラブと共にスクデット獲得を祝った後のインテル対サンプドリア戦で後半からゴールを守った。同GKの喜びはインテルTVに語ったその言葉からも感じられる:「今シーズンは全く悪くなかったと言わなければならない。本当に誇りに思うし、とても長い間この瞬間を待っていた。僕はこのチャンピオンの一員で、彼らのようになるために彼らからたくさん学びたい」

 「スタッフやハンダノヴィッチとパデッリと共に行うトレーニングのおかげで、大きく成長したと感じている。メンタル面では、多くのシチュエーションでよりアグレッシブになることを学んだ。万全な状態だと自信が持てるように、常に準備を整えている。僕はインテルに8年いるが、スクデットに勝利して試合に出られることは自信の大きな源になる」

 「先週の日曜日?ガールフレンドと一緒にアタランタ戦をテレビで見て、コンシーリがムリエルのPKをセーブしたのを見て祝ったよ。そしてパーティーが始まった」


Versión Española  English Version  Versione Italiana  中文版  Versi Bahasa Indonesia 

Inter-Sampdoria, le interviste a Radu, Gagliardini e Pinamonti

Load More