コンテ「まだ3試合ある、スクデットに敬意を示し全力を尽くす」 | 動画

コンテ「まだ3試合ある、スクデットに敬意を示し全力を尽くす」 | 動画

 インテル対ローマ戦前日のネラッズーリ監督のコメント

 イタリア・チャンピオンとして初めての試合になったサンプドリア戦に5-1で勝利したインテルは、平日に再びメアッツァで試合に臨む。日本時間で5月13日(木)3時45分キックオフのセリエA第36節対ローマ戦前日に、アントニオ・コンテがインテルTVで試合についてコメントした。

今季前半の対戦は2-2のドローだったが、素晴らしいチームパフォーマンスだった。

 「我々はローマで大変良い試合をした。試合終盤の彼らのCKの時、我々が準備できておらず、正しいポジションにいなかったところを突かれて同点に追いつかれたことに後悔がある。ローマのような良いチームを相手に、チームのパフォーマンスは素晴らしかった」

サンプドリア戦では、5-1になってもまだ選手たちに発破をかけていた。このチームが常に最大のインテンシティでプレーするというサインだ。

 「目的はいつも、毎試合でベストを尽くすことと90分+アディショナルタイムに集中力を保つことだ。選手たちはサンプドリア戦で大変素晴らしいプレーをしたと思う。実際にトレーニングで想定したシチュエーションからいくつか美しいプレーを見ることができたので、彼らを祝福した。数多くの変更にかかわらず、この結果と素晴らしいパフォーマンスを出すことができたので幸せだ。疑いようなく高いプロ意識を持つ選手たちのおかげだ」

既にスクデット獲得は決定したが、今後の試合で更に重要なマイルストーンに到達することができる。アクセルを踏む力を抜こうとしているか。

 「それはあり得ない、なぜならこの優勝を最善の形で称えることが正しいからだ。それはつまり、全ての試合を真剣にプロフェッショナルな心構えでプレーすることだ。既に述べたように、我々は常に勝つことを意識しなければならない。残りの3試合の相手が手強いチームであっても、我々が獲得したスクデットに敬意を示し、ピッチで全力を尽くす」

数字や統計データは、数人の選手とチーム全体の改善を証明している。

 どのような方法でこれらの数字を見るとしても、データは常に1つのチームの何か、改善か悪化を示す。我々のデータ、特に極めて素晴らしい戦績を収めたシーズン後半のデータはポジティブだ。シーズンが終わるまでこのままやり遂げ、改善できる所は改善を試みなければならない。昨年はリーグで最も守備が良く、2番目に攻撃の優れたチームとしてシーズンを終えたが、今年も再びセリエA最高の守備と2番目の攻撃力を誇る。これから最後まで、スタッツを含めたあらゆる分野において今季最高の成果を出さなければならない」

明日のローマ戦に予期することは何か。

 「ローマは素晴らしいチームだ、最善の形で今季を終えようとするチームと対戦することになる。彼らは我々との対戦の次に大変重要なダービーに臨むことになる、だから全く諦めたりしないだろう。ローマはフォンセカという優れた監督の率いる素晴らしいチームだ、だから良い試合になると期待している。私がここで過ごした2シーズンで、我々はローマ相手に引き分けという結果しか出していない。これは明日が接戦になると示している」


中文版  English Version  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia 

INTER vs ROMA | ANTONIO CONTE INTER TV EXCLUSIVE PRE-MATCH INTERVIEW

タグ: セリエA conte
Load More