ルカクとラウタロがスクデットを語る:「ダービー、コンテ、そしてあのセレブレーション…」

ルカクとラウタロがスクデットを語る:「ダービー、コンテ、そしてあのセレブレーション…」

 ネラッズーリのFWが逸話や珍奇なエピソードを介してシーズンを振り返る

 アッピアーノ・ジェンティーレ発 - インテルの背番号9と背番号10。創造、そして支配を司る者が背負う典型的な数字。ネラッズーリのユニフォームの背面を彩る、セリエAで最も親密なツートップであるルカクとラウタロの背番号だ:ロメル22得点、ラウタロ16得点、合計38得点、更に2人で合計19アシストを記録。

 イタリアの王者インテルのフォワード2選手がDAZNのインタビューに応じ、逸話や珍奇なエピソードを交えながら今シーズンのネッラズーリを振り返った。

シーズン開幕

ラウタロ:「勝ってシーズンをスタートすることが重要だった。先ず細部を詰めて、すぐに正しい軌道に乗った」

ダービー初戦

ルカク:「2ゴールを決めて良いスタートを切った。その後僕らが試合を支配したけど、残念ながらチャンスを活かせなかった。自分たちが最強のチームだという自覚とともにダービーに臨んだ。敗戦はスクデットへの向けて歩み始めるためのエネルギーになったよ」

ルカクとラウタロのセレブレーション

ルカク:あのセレブレーションは僕がコール オブ デューティとPUBGをプレイヤしていることから生まれたんだ。ある晩ラウタロを部屋に招いて一緒にプレイした...。でもすぐに僕は彼に1人にしてくれと言ったんだ。一言言うなら彼の競技じゃなかった!そこから僕らのセレブレーションが生まれたんだ」

ピッチ内外における互いの相性

ウタロ:「ルカクが加入したとき、僕らは何時間もたくさん話をした:ピッチ上での動きからたくさんのことについて。好意はそこから生まれたんだ」

ルカク:「すぐに仲良くなったよ。加入した初日にラウタロのお父さんと話をして、彼にこう言ったんだ:2年以内にあなたの息子と僕はここで優勝する。ピッチに立って、自分の調子が良くなくてもラウタロが熱くなっているのを見たら、常に彼を探しているよ」

サッスオーロ戦の勝利

ルカク:「サッスオーロ戦がターニングポイントだったと思う。あそこからスクデット獲得の可能性がについて僕らは考え始めた。お互いに話し合って、自分たちのプレースタイルを少し変えて、よりコンパクトになったんだ」

ハキミのペース

ラウタロ:「アクラフは個性的だ。ここで最初、少し方向性を見失っていたけど、監督が彼を大いにサポートして言葉も覚えた、彼は大きく成長しているよ」

チャンピオンズリーグ敗退

ラウタロ:「ACミラン戦の敗北とカップ戦敗退の後僕らは大きく変わった:精神的な面でも、取り組み方においても。僕らは何かを勝ち取りたかったんだ」

プレッシャーの増加

ルカク:「ほぼ全対戦相手に勝つことで、僕らは自分たちの強さを示した。直接のライバルには全勝を収めた。バレッラ?彼は絶え間なくしゃべっていて、試合中によく口論になるんだ。いい意味で、ブロゾビッチともね。でも自分たちにエネルギーを与えてくれるそれが必要なんだ、僕は彼らを必要としている。僕らは戦いへと赴く選手だ」

コンテとの関係

ルカク:「彼は個人的なレベルで僕らをさらに成長させてくれた。選手たちの信頼を得ていることを自覚すると、彼は選手たちにより多くのものを与えてくれる」

ダービー2戦目

ルカク:「ダービーは常にダービーだ、あの試合では首位もかかっていた。その週のトレーニングでは、プリマヴェーラとの練習試合での戦術面で準備を進めたことを覚えている。その週全体を通してすべてが超ハイレベルだった。トレーニング2日目、ラウタロに言ったんだ:この試合は絶対に負けない、僕らが負けるはずがない。トレーニングの準備中にピッチでラウタロが決めたゴールで、僕はラウタロにケアーの後ろでプレーするように言った。僕らの準備は万端で、ゴールを決めたときには、相手にとってゲームオーバーだとわかった。自分が得点を挙げ3-0になったときは大声で叫んだよ。監督と話し彼が僕に試合を決めろと言ったから、そうすると返したんだ。それがコンテのやり方だ。彼は僕らをそののかしそして一緒に笑うんだ」

チームメイトについて

ラウタロ:「ダルミアンはいつも本当に良い練習をしていて、右でも左でもプレーできるし、ゴールも決められる。彼のような選手をチームに持つことは重要だよ。そしてディフェンダーたち:彼らはいつも僕らのために試合を組み立て始め、同じように背後をカバーして助けてくれる。このような守備陣を持つのは良いことだ」

ルカク:「エリクセンはアーティストで、マエストロだ。去年、僕らとの初めてのトレーニングで、彼はロングレンジから信じられないようなゴールを2つ決めて、彼の凄さをただ思い知ったよ」

スクデット

ルカク:「ホームのアタランタ戦の勝利後、僕はこう言った:達成したとは言わないけど、僕らは優勝する。サッスオーロ対アタランタ戦のあった日曜日は息子と一緒に家にいて、彼も同じように祝った。重要なタイトルを勝ったのは初めてだったから、ミラノの街をドライブして、たくさんの車が僕の背後に続いた。素晴らしい喜びだったよ。まるで王様になった気分だった」

ラウタロ:「終盤他のチームが追い上げてくると思っていたけどそうはならなかった。優勝は信じられないほどの感動だ」


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española  English Version  中文版 

Load More