10年前の今日:インテルがコッパ・イタリアで7回目の優勝

 エトオのドッピエッタとミリートによる3ゴール目:5月29日のパレルモ戦勝利を振り返る。

1/17
10年前の今日:インテルがコッパ・イタリアで7回目の優勝
10年前の今日:インテルがコッパ・イタリアで7回目の優勝
10年前の今日:インテルがコッパ・イタリアで7回目の優勝
10年前の今日:インテルがコッパ・イタリアで7回目の優勝
10年前の今日:インテルがコッパ・イタリアで7回目の優勝
10年前の今日:インテルがコッパ・イタリアで7回目の優勝
10年前の今日:インテルがコッパ・イタリアで7回目の優勝
10年前の今日:インテルがコッパ・イタリアで7回目の優勝
10年前の今日:インテルがコッパ・イタリアで7回目の優勝
10年前の今日:インテルがコッパ・イタリアで7回目の優勝
10年前の今日:インテルがコッパ・イタリアで7回目の優勝
10年前の今日:インテルがコッパ・イタリアで7回目の優勝
10年前の今日:インテルがコッパ・イタリアで7回目の優勝
10年前の今日:インテルがコッパ・イタリアで7回目の優勝
10年前の今日:インテルがコッパ・イタリアで7回目の優勝
10年前の今日:インテルがコッパ・イタリアで7回目の優勝
10年前の今日:インテルがコッパ・イタリアで7回目の優勝

 ミラノ発 - サミュエル・エトオのドッピエッタとディエゴ・ミリートが決めた3ゴール目がインテルにクラブ史上7回目のコッパ・イタリアのタイトルをもたらした。ネラッズーリは2011年5月29日、コッパ・イタリア決勝でパレルモと対戦した。インテルはこの決勝までにジェノア、ナポリ、ローマを倒したが、ホーム&アウェイ方式で行われた準決勝では、スタンコヴィッチのゴールによってイタリア首都で開催された1stレグに勝利後、サン・シーロでの2ndレグを1-1のドローで終えて決勝進出を果たした。

 このコッパ・イタリア優勝によって、浮き沈みのあるシーズンが締めくくられた:インテルはシーズン序盤にスーペルコッパ・イタリアーナでタイトルを獲得したが、UEFAスーパーカップでは敗北に終わる。12月にアブダビで開催されたFIFAクラブワールドカップ決勝でTPマゼンベに勝利し優勝を果たす。その後、ベニテスに代わってレオナルドが新たなネラッズーリ監督に就任した。

 スタディオ・オリンピコで行われた決勝で、インテルはデリオ・ロッシが監督を務めるパレルモと対戦した。パレルモの決勝進出はサプライズではあったが、パレルモはパストーレ、イリチッチ、アベル・エルナンデスなど多くの才能ある選手を擁する良いチームだった。インテルはそのパレルモを相手に負傷中のカンビアッソと出場停止のマイコン抜きで戦うことを余儀なくされた。ジュリオ・セーザルがネラッズーリのゴールに立ち、2020-21シーズンのスクデット優勝の日もピッチに立った唯一のネラッズーリであるアンドレア・ラノッキアが守備陣の一員として先発出場した。ラノッキアと共にルシオ、長友、キヴが4バックで守り、サネッティ、チアゴ・モッタ、スタンコヴィッチの3人が中盤でプレー。そして最前線のエトオとパッツィーニをスナイデルがサポートした。

 同オランダ人選手がネラッズーリのゲームにインスピレーションを与え、多くのチャンスが見られた決勝でエトオの2ゴールをアシストした。

 エトオは更にバー直撃のシュートを放ち、パレルモもムニョスのゴールによって1点を返す。しかしディエゴ・ミリートのゴールによってインテルの勝利が確定し、ネラッズーリのパーティーが始まった。


English Version  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española 

Load More