バレッラが2020-21シーズンのセリエA最優秀MFに輝く

バレッラが2020-21シーズンのセリエA最優秀MFに輝く

 36試合出場3ゴールを記録したインテル選手が優勝シーズンの最優秀MFに選ばれた。

 ニコロ・バレッラが2020-21シーズンのセリエA最優秀MFに選ばれた。今日レガ・セリエAによって発表されたこの賞の受賞によって、インテルの背番号23番にとってこのシーズンは一層忘れられないものになった。バレッラはネラッズーリの19回目のスクデット獲得のキープレーヤーだった。

 1997年生まれのバレッラはインテル選手としての2シーズン目にセリエAで36試合に出場し、カリアリ戦、ユヴェントス戦、フィオレンティーナ戦で計3ゴールを挙げた。

 レガ・セリエAは受賞者の発表の際にいくつかの統計データを引用した:

  • バレッラはテクニック(94.2%)とフィジカル(94.8%)の両面において一貫して極めて高いパフォーマンスを出した。
  • バレッラはセリエAで最も高いプレッシングバリュー(95.5%)を記録した ― 同選手の粘り強さの証だ。
  • バレッラは常に最長走行距離を記録した選手の1人だった:高いインテンシティで1試合平均3.4㎞、27スプリント、65回の急加速を記録した。
  • バレッラはボールキープ(K-Pass 93%)とインプレーでの解決法(K-Solution 93%)の両方で優れた評価を得た。
  • バレッラは更に中・高難度と判断されるパスの60%を成功させた。

 バレッラは2021-22シーズンのセリエA第1節の試合開始前にピッチで同賞を受け取る予定だ。また同選手はユニフォームに特別MVPパッチを付けて来シーズンのリーグ戦をプレーする。

(分類はNetco Sports によって記録されたデータトラッキングを用いたStats Performの分析を利用して作成された。2010年にK-Sportが特許を取得し、科学的に証明されている評価システムではスタッツやテクニックスキルだけでなく、ポジションに関するデータも考慮される。そのため、オフ・ザ・ボールの動きやそれによる最適な動きなど選手のパフォーマンスに関する重要な観点と技術的・身体的な能力への貢献が分析され、客観的かつ質的なパフォーマンスの評価が可能となる。セリエA TIM、TIMVISIONカップ、PS5スーパーカップの全試合が最終的な計算に考慮された。)

バレッラが2020-21シーズンのセリエA最優秀MFに輝く


中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  English Version  Versione Italiana 

Load More