ボールが定めた運命、#WelcomeSimone

ボールが定めた運命、#WELCOMESIMONE

 ピアチェンツァでキャリアをスタートし、ラツィオへと移籍、そして今インテルで新たな挑戦に臨む:シモーネ・インザーギのネラッズーリの監督としての冒険が今幕を開ける。

 ボールが定めた運命。ピアチェンツァ近郊の小さな村で生まれ、3歳年上の兄の背を見て育てば、彼と同じように、切望する夢はただ一つだけだ:サッカー。ピアチェンツァのユニフォーム、ビアンコロッシのマフラーや旗で部屋を彩る人々にとって、手本にし続けた憧れの存在である、センターフォワードに貰ったサイン;彼らと写真を撮ることは真の願いだった。サン・ニコロ:ピアチェンツァからガッレアーナを隔てるトレビア川 - 故郷から5キロほど離れたその場所 - こそがインザーギ兄弟のインスピレーションの源泉だ。日永キノコを求めて森を歩き、釣りをして過ごす日々において、サッカーは常に存在していた。どこであれ、どのような形であっても。中庭で、屋根裏で、土のピッチで、砂利の上で。

 シモーネに課せられた永遠の使命:ゴールを決めること。サン・ニコロの地元クラブ、ユース最年少チームで彼は1シーズンで92ゴールを挙げた。92ゴール! 彼の人生の目標は幼い頃から定まっていた:サッカー選手になること。当然のように次なるステップを踏んだピアチェンツァで子供の頃の夢を叶えた。シモーネの退団時にサン・ニコロは契約金の支払いに加え、40個のサッカーボール、トレーニング用のシャツ、新しいゴールネットを受け取った。

 シモーネ・インザーギの選手としての経歴を決定づける数々の思い出。カルピ、ノバラ、ブレッシェロ、ルメッツァーネへのローン移籍を経て、故郷ピアチェンツァのトップチームへ加入。1998年には僅か22歳でセリエA15ゴールを記録した。その後ラツィオへと移籍し - 多くのゴールを挙げ - 2000年の歴史的スクデット獲得に貢献。シモーネ・インザーギは選手として3度のコッパ・イタリアとスーペルコッパ・イタリアーナ制覇に加え、ラツィオで欧州大会におけるクラブ史上最多得点を記録、またチャンピオンズリーグ1試合で4ゴールを挙げた史上初のイタリア選手となった(2000年3月14日、ラツィオ 5-1 マルセイユ)。

 2010年の現役引退後、インザーギは即座に監督へ転身した。2010-11シーズンにラツィオのユースチームで監督としてのキャリアをスタートし、その後プリマヴェーラのヘッドコーチに就任(コッパ・イタリア優勝2回、スーペルコッパ・イタリアーナ優勝1回)。その後2016年4月にトップチームへと昇格。シーズン閉幕までの7試合で指揮を執り、続くシーズンでの地位を確固たるものとした。その後ラツィオにおいて5シーズンにわたって監督を務め、2019年にコッパ・イタリア制覇、また2度のスーペルコッパ・イタリアーナ優勝(2017年、2019年)を成し遂げた。2020年にはリーグ戦4位に入賞、首都のクラブをチャンピオンズリーグ復帰へと導いた。

 イタリア代表選手として3試合に出場したシモーネ・インザーギの、新たな冒険へと乗り出す準備は整った:インテルの監督として

#WelcomeSimone


Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  中文版  Versione Italiana  English Version 

Load More