ネラッズーリのファンタスティックなシーズンのベストゴールパフォーマンス

ネラッズーリのファンタスティックなシーズンのベストゴールパフォーマンス

 計画的、突発的:2020-21シーズンのインテルベストゴールパフォーマンス

 腕を高く上げ、懸命に走る。喜びの雄叫び。抱擁。膝滑り。投げキス。ゴールを決めた後は何が起こるのか? ゴールパフォーマンスを練習する選手、チームメイトと一緒に準備を行う選手、突発的にするその場でする選手。2020-21シーズンでインテは合計101得点を決め、異なる101通りのゴールパフォーマンスが生まれた。イタリア王者インテルは多くの感情的瞬間を経験し、再びシーズン合計100得点以上で幕を下ろした (101ゴールの動画)。

 同記事下部の動画には今季ネラッズーリ選手の特徴的なゴールパフォーマンスが含まれている:複数選手による気持ちの入ったグループでの抱擁(カリアリ戦とヴェローナ戦でのダルミアンのゴール後、ミラノダービー勝利後)。

 この中には多くのルカクラウタロの瞬間が入っている:ルカクとラウタロは何度も得点者となり、互いのゴールをアシストした。ボールがネットを揺らした時、互いに向けた有名なショットガンジェスチャー。ロメルはインタビューで同ゴールパフォーマンスの起源を説明していた:「Call of DutyPUBGから生まれた。僕がよく遊ぶからね。ある夜、同ゲームをプレーするためにラウタロを招待した... そして直ぐに遊ぶのを止めようと言った。同ゲームは彼の得意分野ではなかったからね。そこから僕らのゴールパフォーマンスが生まれたよ」

 ダルミアンが走りながら両手を広げ、膝滑りをしながら待っていたチームメイトとの抱擁、重要なゴールを決めた後のシュクリニアルの投げキス、自宅リビングルームで子供たちと生み出したダンブロージオのスパイダーマンの映像もある。

 当然ハキミの電話パフォーマンス、ラウタロのダンス、ルカク、ラウタロ、サンチェスとの面白いパフォーマンス。ピッチ上での準備されたパフォーマンスから特別な敬礼など、2020-21シーズンのネラッズーリのゴールパフォーマンスはエンターテイメントが欠如することがなかった。


Versión Española  English Version  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia 

Load More