InterNationals:南米代表戦でネラッズーリに3ドロー

INTERNATIONALS:南米代表戦でネラッズーリに3ドロー

 ラウタロ、アレクシス、ベシーノがそれぞれ代表戦に出場。ハキミもモロッコ代表としてプレーし、親善試合に勝利した。

 南アメリカでワールドカップ予選が行われ、3人のネラッズーリが2022年カタール大会出場を目指してそれぞれ代表として出場した。ラウタロ・マルティネス擁するアルゼンチン代表はバランキージャで開催された試合の終了間際に引き分けに甘んじることになった:ロメロの先制点とパレデスのゴールで2-0のリードを奪ったアルゼンチン代表だったが、ムリエルに1点を返された後、アディショナルタイムにもボルハにゴールを許した。ネラッズーリ・ストライカーは95分間フル出場を果たした。

 アレクシス・サンチェスも先発し、試合終了までピッチに立った:サンティアゴでボリビア代表と対戦したチリ代表はプルガルのゴールによって先制したが、モレノのゴールで同点に追いつかれ、引き分けで試合を終えた。

 マティアス・ベシーノはカラカスで行われたベネズエラ代表対ウルグアイ代表戦に先発出場し、前半終了までプレーした。試合の最終スコアは0-0だった。

 昨夜行われたのは予選だけではない:アクラフ・ハキミはモロッコ代表としてガーナ代表との親善試合に出場し、90分間プレーした。エル・ヤミクのゴールによって、モロッコ代表が1-0で勝利した。


English Version  Versione Italiana  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia 

Load More