Forzaクリス、回復を願っている!

FORZAクリス、回復を願っている!

 先週土曜日からの日々は日常とは異なっていた。悪い夢であることを願い、とても長く、自分たちが無力に思えたあの瞬間から。しかし幸運なことに、我々は悪夢から目覚めることができた。

 敬意を表す沈黙の中、我々は全ての考え、祈り、そしてため息さえもまとめた:数日前まで知らなかった場所、コペンハーゲンの病院Rigshospitaletから届いた写真と最新情報は安堵をもたらした。

 火曜日朝、最高の瞬間が訪れた:笑顔でサムズアップしている写真。そして安心できるメッセージ:「ハロー、皆。世界中からメッセージを送ってくれてありがとう。僕と家族にとって大きな意味を持つよ。僕は元気だ」

 クリスティアン・エリクセン、君がそこにいる。

 金曜日には次のステップに踏み出した:手術、病院から退院、チームメイトを訪問:「君たちからこんなに多くのメッセージが送られてきて、素晴らしい気持ちだ。手術は無事に終わった、この状況で僕は元気だ。昨夜の素晴らしい試合の後でチームメイトに再び会えてとても嬉しかった。もちろん月曜日のロシア戦に向けて応援しているよ」

 デリケートで個人的な瞬間を尊重するために沈黙していた間も、我々インテルはクリスティアンについて考えることをやめてはいなかった。

 しかし同時に、数多くの美しく自然な愛情の表現が見られた。

 コペンハーゲンで土曜日にデンマーク代表対フィンランド代表戦が再開された時、ロメル・ルカクアクラフハキミはそれぞれベルギー代表、モロッコ代表として決めたゴールをエリクセンに捧げた:「クリス、愛しているよ」とカメラに叫んだロメルのメッセージは世界中に広がった。世界中からエリクセンへのメッセージが届き、韓国代表ソン・フンミンもそのゴールをトッテナム時代のチームメイトに捧げた。

 この数日で恐怖は安堵に変わった。そして感情に:土曜日の試合と同じスタジアムで行われたデンマーク対ベルギー戦では背番号10の巨大なユニフォームが登場した。そして試合は開始10分で一時中断され、ファンとロメル・ルカクを含むピッチにいる選手を含む全員が拍手を贈った。バナー、ファンが見せるユニフォーム、両代表チーム。その全てがインテルの背番号24番への想いを示していた。

 これら全ての瞬間がクリスティアン・エリクセンにとって温かく、心強い抱擁となった。

 Forzaクリス、インテルとインテリスティ全員が君と共にある!


English Version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

タグ: eriksen
Load More