コパ・アメリカ | アルゼンチン代表が準々決勝進出、ベシーノとビダルの対決はドロー

コパ・アメリカ | アルゼンチン代表が準々決勝進出、ベシーノとビダルの対決はドロー

 1-1で終わったウルグアイ代表対チリ代表戦に2人のインテルMFが先発出場。エル・トロはアルゼンチンが勝利した試合に出場しなかった。

 6月21日に行われたコパ・アメリカのウルグアイ代表対チリ代表戦で、2人のネラッズーリが対戦した。両選手とも先発出場し、ベシーノは81分まで、ビダルは69分までプレーした。試合は1-1の引き分けで終わった。アルゼンチン戦の引き分けとボリビア戦の勝利後にこの試合に臨んだチリ代表の勝点は5ポイントになった。初戦でアルゼンチンに敗れたウルグアイ代表は、このチリ戦の引き分けによって大会初の勝点を獲得した。

 アルゼンチン代表は対パラグアイ代表戦に勝利し、勝点7ポイントで準々決勝への切符を手に入れた。ラウタロ・マルティネスは出場機会を得られなかった。


English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española  中文版 

Load More