ボールに対する生まれながらの本能:#WELCOMEHAKAN

ボールに対する生まれながらの本能:#WELCOMEHAKAN

 ハカン・チャルハノールはネラッズーリ・カラーで始める新しい冒険の準備ができている。

 マンハイム、そしてバイブルト。これらの街はハカン・チャルハノールのルーツ、そのサッカー人生の始まりと成長、旅を物語る。

 家族がバイブルトから移住した先であるドイツのマンハイムで生まれたハカンは、幼い時からサッカーを愛していた。それは家族の情熱であり、ハカンは生まれながらの本能に従った。

 ハカンのキャリアはドイツでスタートした:SVヴァルトホーフ・マンハイムのユース部門で8年間過ごした後、2009年に15歳でカールスルーエに移籍した。これは同選手の成長にとって決定的なステップであり、プロとして試合に出場しその才能を示すチャンスを得た。

 2012年にハンブルクと契約を結んだが、その最初の1年間はローン移籍と言う形で引き続きカールスルーエに留まった。2021-13シーズンは成功の1年となり、チャルハノールは36試合出場17ゴールを記録して、チームの優勝に大きく貢献した。

 ブンデスリーガ初出場となったハンブルク選手としてのデビュー戦は、2013年8月のリーグ開幕戦だった。チャルハノールは同シーズンに32試合に出場して11ゴールを決め、そのパフォーマンスはバイエル・レヴァークーゼンをはじめとする数多くのクラブの注目を集めた。

 レヴァークーゼンこそ、チャルハノールが飛躍的な成長を遂げたクラブだ。同クラブでプレーした3年間で115試合出場28ゴールを記録し、そのスキルを示した。チャルハノールは出場するたびにテクニックと長距離シュートのスキルを磨き、ライン間で対戦相手に競り勝ちゴールを決める危険な選手に成長した。その中にはあのバイエルン・ミュンヘン相手の得点 ― ノイアーにとっては初めてのFKによる失点 ― のように決定的に重要なゴールも含まれる。チャルハノールは2017年にセリエAに活躍の場を移し、これまでに172試合に出場して32ゴールを挙げた。

 ドイツで育ったハカンだが、そのルーツを忘れることはなく、トルコ代表としてプレーすることを選択する。2013年9月6日に5-0で勝利した対アンドラ戦でトルコ代表としてデビューを果たして以降、これまでに59試合の代表戦に出場して13ゴールを記録している。

 そしてチャルハノールは今、イタリア王者インテルのためにそのクオリティーの全てを示し、同じトルコ出身の先達シュキュルやエムレ、オカンに続いてネラッズーリの歴史の新たなページを記すための準備ができている。

#WelcomeHakan!


Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  中文版 

タグ: メルカート
Load More