コルダス「ここへこられたことは名誉だ、家へ戻ってきたようなものだ」

コルダス「ここへこられたことは名誉だ、家へ戻ってきたようなものだ」

 アレックス・コルダスがネラッズーリへの帰還後初のインタビューに応じた | ビデオ

 ミラノ発 – 誇りと充足、そして多くの期待とチームを助けたいという熱意。 アレックス・コルダスがインテルTVの独占インタビューでクラブへの帰還について自身の心境を語った:

チャオ、アレックス。お帰りなさい。およそ20年ぶりに帰ってきたことにはどんな意味がある?

素晴らしい気分だし、本当に誇らしくに思っている。チームに寄与できることを願っているよ。

インテル復帰の打診を受けたとき、どう感じた?

懐かしい思い出だ:少しばかり変な気持ちになったよ。数日後にようやく実感がわいてきて、大きな誇りと喜びを感じた。

この時期に全ての歴史が記録されたここ、トロフィールームにいることはどのような意味を持っている?

インテリスタであること、そしてこの色をサポートすることの意味をより深く理解できる。そして僕にとっては、ここで数々のトロフィーを前に自分の写真を撮ることは誇りを感じることだ。家に戻ってきたような気分だよ。

ゴールキーパーの役割はとても特殊だけど、インテルでの2度目の任期に期待することは?

チームとインテルに大きな貢献ができるよう期待しているよ。

監督と話をする機会はあった?

まだないね。僕はここに着いた最初の選手だから、会うのは7月8日まで待つよ。

ネラッズーリのファンにメッセージはある?

ああ!僕たちのサポートをお願いしたい、大きな夢を持ち続けるために、君たちを必要としている。


Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  English Version  Versione Italiana  中文版 

タグ: メルカート
Load More