欧州選手権:クロアチアが敗退

欧州選手権:クロアチアが敗退

 W杯準優勝チームが白熱の延長戦の末にスペインに敗退

 ブロゾヴィッチとペリシッチのユーロ2020が終わった。ズラトコ・ダリッチが監督を務めるクロアチア代表はコペンハーゲンで行われたラウンド16でスペイン代表と対戦し、5-3で敗れた。90分を3-3のスコアで終えて迎えた延長戦で、スペイン代表が追加点を挙げて次ラウンド進出を決めた。

 マルセロ・ブロゾヴィッチは先発し、120分間出場した。ペリシッチは起用不可の状態だった。ペドリのオウンゴールでリードを得たクロアチア代表だが、サラビアとアスピリクエタのゴールによってスペイン代表が逆転する。しかしクロアチア代表は90分直前にオルシッチとパシャリッチが得点して同点に追いついた。だが延長戦前半にモラタとオヤルサバルが追加点を決め、スペイン代表が勝利した。同代表は日本時間7月3日(土)1時、スイス代表と準々決勝で戦う。


English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española 

Load More