マロッタ:「インザーギはインテルのように成功を収めるクラブにふさわしい人物だ」

マロッタ:「インザーギはインテルのように成功を収めるクラブにふさわしい人物だ」

スポーツCEOマロッタが2021/2022シーズン初の記者会見でメディア代表者と対話

ミラノ - インテルは水曜日サン・シーロでの記者会見で新シーズンを向け、新監督のシモーネ・インザーギとスポーツCEOのジュゼッペ・マロッタが出席した。

マロッタは会見始めに「本日、新しいシーズンの開始に合わせて、皆が親しくあるも新監督であるシモーネ・インザーギを発表できることをとても嬉しく思います。」と発表しました。

「インザーギの就任に非常に誇りに思っています。何故なら、インテルの将来は安定に引継がれるからです。 シモーネは若いコーチだが、彼はすでに多くの経験を持し主であり、現在最も成功したイタリアのコーチの一人です。

「私たちは、彼がクラブのコアバリューである情熱、能力、熱意、そして素晴らしい労働倫理を体現しているからこそ、彼がこの役割にふさわしい人物であると確信しています。また、インテルの歴史ある成功を取り入れると、彼は監督に適切な人物なのです。

「私たちは現在、多くの苦しみを引き起こした、世界経済にも大きな問題を引き起こしているパンデミックからまだ回復段階に至ります。その結果、サッカーも持続可能なモデルを探しています。もうオーナーがただクラブにお金を注いでピッチでの結果がバランスシートよりも重要な時代ではありません。

「今までと違うシステムを探しながらも、我が素晴らしい伝統を引き継ぐモデルを探しています。私たちはフィールドの成功の歴史を尊重し、同時にクラブの財政が整っていることを保ちたいので、完璧なモデルを探しています。 特定の基準内にとどまりながら、可能な限り優れたチームを編成するのがマネジメント陣の責任です。 残念ながら、私たちは今後サッカーで、より不快な財政状況に直面するでしょう。

「私たちの所有者はこれまでクラブの安定性を確保するために約7億ユーロを投資してくれました。だが、世界中の財政状況は変化し、他の部門と同様にサッカーも代償を払っています。私たちは悪い状況を最大限に活用しなければなりません。

「いずれにせよ、より多く出費するチームが必ず勝利をもたらすかといえばそうではありません。 私は、能力と情熱が私たちのようなクラブの成功を決定することができると信じています。 当然、[アクラフ] ハキミの売却など、非常に難しい決断を下さなければなりませんでしたが、それらの決断により、正しい道へと歩み続けることができます。

「楽観的でいられるもう1つの理由は、またファンをスタジアムへ迎えられる時期が間もないからです。 イタリア政府へプレミアリーグやラ・リーガと同様、スタジアムを再び開放するよう要請します。 ファンはどのサッカークラブにとっても重要な資産であり、何かを達成したいのであれば、対話が最善の方法です。 Legaとクラブは、政府との絶え間ない対話を維持するために取り組んでいます。

「イタリアは何百万人ものワクチン接種を受けた人々がいる国であり、ファンをスタジアムに呼び戻すことも、誰もがワクチン接種を受けることを奨励するための素晴らしい広告になることに間違いないです。

「スタジアムの再開に向かっているようですが、部分的か全体的かはわかりません。 ファンなしで新しいシーズンを始めるというアイデアは非常に悲しいものであります。また、私たちのようなクラブにとっては、収益に悪影響を与える恐れがあり、約1億ユーロの損失の見込みです。」


English Version  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española 

Load More