インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得

プレシーズン初の親善試合は90分を2-2で終えるも、ラドゥとラノッキアがPK戦のヒーローとなった

1/83
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得
インテルがルガーノ地方カップをPK戦で獲得

ルガーノ – シモーネ・インザーギ率いるインテルはルガーノをPK戦で下し、ルガーノ地方カップを獲得し、2021/22シーズンを勝利で駆け出した。

ルガーノは2ゴールと先制するも、ダニーロ・ダンブロージョとマルティン・サトリアーノがスコアを同点へと戻した。
その後、ヨヌーツ・ラドゥが2つもペナルティを阻止し、アンドレア・ラノッキアが勝利のスポットキックを放ち、インテルが勝利を飾った。

ネッラズーリは、近年プレシーズンのレギュラーの対戦相手となるルガーノと対戦した(昨年は、ヨーロッパリーグ決勝後の9月15日、セリエAのキックオフ直前に試合が行われた)。

一方、スタディオ・コルナレドのファンは、定期的にスタンドから「俺たちはイタリアのチャンピオン」と歌っているのが聞こえた。

インザーギは、サミール・ハンダノビッチのゴールを守るために、ラノッキアとダンブロージオと並んでフェデリコ・ディマルコとの3-5-2フォーメーションでインテルを挑ませた。ルシアン・アグメが埋まりの役割を果たし、ロベルト・ガリアルディーニとラジャ・ナインゴランが彼の前に立った。一方、マッテオ・ダルミアンとダルベルトは、アンドレア・ピナモンティとサトリアーノを前にして、サイドをパトロールしました。

来週のスイス・スーパーリーグ開幕戦のチューリッヒ戦の前にプレシーズン最後の試合を迎えたホームチームは、十分に明るいスタートを切ったが、最初のチャンスはピナモンティに落ちた。FWは見事にラノッキアのボールを上から降ろしたが、キーパーに阻止された。

その後サトリアーノはポストの外側を弾くシュートを放つが、2点も先に決めたのはルガーノだった。ハンダノビッチがラバンシーのシュートを止めるも、ロブリッチがリバウンドのボレー弾を放ち、その後ファッキネッティがコーナーのクリアランスから低くフィニッシュした。

だがインテルはすぐに反応し、彼らの行動をまとめ、数分以内にダンブロジオはディマルコのコーナーからのヘディングで1点取り戻し、サイドバックはその後、まったく同じのようなゴールを決めるところもサバティーニのゴールライン・クリアランスによって阻止された。

後半、サトリアーノはアグメのパスがつながり、同点弾を上手く決めた。

だがそれはルガーノに命を吹き込み、アブ・バカルは代役のラドゥからの素晴らしい反応によって、ほぼ確実なゴールを阻止した。

インザーギは、シュクリニアル、ヌンジアティーニ、ザノッティ、コリディオ、カルボニなどを連れてサイドを揺さぶり、スロバキア代表のDFは、ロスタイムで勝利のゴールを決めたと思ったが、オフサイドと判断された。

試合終了ホイッスル後は直接PK戦へと進み、ラドゥがギドッティとコビロからPKを阻止し、ラノッキアにネッラズーリに勝つチャンスを与えた。ディフェンダーは冷静さを保ち、インテルがルガーノ地方カップを獲得した。

Lugano 2-2 Inter (HT 2-1)
Scorers: Lovric 30 (L), Facchinetti 35 (L), D'Ambrosio 38 (I), Satriano 54 (I).

Inter win 3-2 on penalties
Penalties: Maric (L): scores; Dimarco (I) scores; Demba Ba (L) scores; Pinamonti (I) scores; Lovric (L) scores; Colidio (I) scores; Guidotti (L) saved; Gagliardini (I) saved; Covilo (L) saved; Ranocchia (I) scores.

INTER (3-5-2): 1 Handanovic (97 Radu, 61); 33 D'Ambrosio (46 Zanotti, 78), 13 Ranocchia, 32 Dimarco; 36 Darmian (47 Carboni, 89), 5 Gagliardini, 18 Agoume, 44 Nainggolan (41 Nunziatini, 81), 29 Dalbert (37 Skriniar, 61); 48 Satriano (48 Colidio, 78), 99 Pinamonti.
Subs not used: 21 Cordaz, 40 Fabbian, 42 Moretti, 43 Hoti, 45 Sottini.
Coach: Simone Inzaghi.

LUGANO (3-5-1-1): 46 Baumann; 4 Hajrizi, 30 Daprelà (23 Srdic, 89), 3 Ziegler (5 Maric, 78); 16 Lavanchy, 20 Custodio (22 Guidotti, 73), 14 Sabbatini (6 Covilo, 73), 24 Lovric, 7 Facchinetti (11 Monzialo, 78); 10 Bottani (19 Ba, 78); 99 N. Muci (17 Abubakar-Ankrah, 46).
Subs not used: 8 Lungoyi, 12 Morosoli.
Coach: Abel Braga.

Referee: Luca Piccolo.
Assistants: Sladan Josipovic and Devis Dettamanti.
Added time: 1+3 minutes.
Booked: Hajrizi (L).


Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versione Italiana 

タグ: 親善試合
Load More