サトリアーノ:「得点するのは良い気分。自分はたくさん学んでいる」

サトリアーノ:「得点するのは良い気分。自分はたくさん学んでいる」

ルガーノとクロトーネとの親善試合でゴールネットを揺らした後、20歳のFWがInter TVと語った。

アッピア―ノ・ジェンティーレ –マルティン・サトリアーノは、Inter TVとのインタビューで、ファースト・チームのトレーニングとゴールについての見解を共有した。

昨季プリマヴェーラ側でプレーした20歳のウルグアイ人は、インテルでの夏の傑出したパフォーマーの1人であり、ルガーノとクロトーネの両方に対してスコアシートで彼の名前を刻んだ。

あなたはプレシーズンのスターの一人であり、ルガーノとクロトーネに対して得点を挙げています。どうでしたか?
「ここにいること、そして私たちがとてもよくトレーニングしていることを嬉しく思います。私たちはそれを維持しなければなりません。」

2試合連続ゴール決めて嬉しいですか?

「はい、ゴールは重要であり、得点することは常に良いことです。」

シモーネ・インザーギの称賛を聞いて良かったですか?
「はい、彼がそれらのことを言ったことは私にとって大きな意味があります。頭を下げて、いつものように一生懸命働き続けなければなりません。」

コーチはあなたに具体的な指示を与えましたか?
「彼はいつもそうしています。彼は私にたくさん話します。 [アンドレア]ピナモンティから[ロメル]ルカクまで、他のストライカーもすべて観察しています。あなたは彼らからできるだけ多くを学ぶように努めなければなりません。」

センターフォワードとセカンドストライカーの両方でプレーしました。どっちがいい?
どっちも私にとって同じです。」

チームメイトからアドバイスもらいますか?
「はい、ここにいるのはとても良いことです。ベテラン選手からいつも私にアドバイスをしてくれて、それは本当に助けになります。」

あなたは偉大なストライカーの歴史を持つウルグアイ出身です。特にインスピレーション受けている選手はいますか?
「ウルグアイの場合、[ルイス]スアレスと[エディンソン]カバーニだと思います。インテルでは、ルカクとラウタロ[マルティネス]、どちらも素晴らしいプレーヤーです。」


Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versione Italiana  Versión Española  中文版 

Load More