マッシミリアーノ・ファリス:「ここにいるのは特別な気分です」

マッシミリアーノ・ファリス:「ここにいるのは特別な気分です」

「集中力と決意が鍵です」とインテル・アシスタントコーチが言った

アッピア―ノ・ジェンティーレ – インテルのアシスタントコーチであるマッシミリアーノ・ファリスは、シモーネインザーギのチームがSuningトレーニングセンターで準備を続ける中、ネッラズーリとの最初のプレシーズンの経験についてインテルTVに話た。

プレシーズンはどうですか?

"いいですね。チームとの最初のステージが、私たちにとって非常に重要でした。全員が集まる前からインザーギのアプローチについて多くのことが書かれていたので、選手たちはコーチとスタッフ全員がグループを知るために努力したことを本当に感謝しています。私たちは一生懸命取り組んできました。そして、プレーヤーを人として知ることもできました。これらはイタリアのチャンピオンであるため、私たちはすでに彼らの身体能力とサッカー能力についてすべて知っていました。この新しい環境に適応するのは私たち次第です。」

あなたはシモーネ・インザーギと何年も一緒に仕事をしてきました。最初はラツィオで、現在はインテルで働いています。

「ラツィオと同じように、私はにシモーネに多大な恩恵を負っています。それは数年渡って、予想外ともいえる素晴らしい結果を達成しましたが、それが私たちをここに導いた理由です。ラツィオで私たちの成功についての素晴らしい思い出がありますが、ここにいることは私にとって特別なことです。故郷だからです。」

あなたとコーチが話している主なことは何ですか?

「試合の準備から選手の心身の状態、戦術まで、すべて…スタッフ全員が長年お互いを知っています。私たちは一緒に試合の準備し、プレシーズンの場合と同様に、週の間に作業を計画するのは我々グループです。」

選手の頃の思い出は?

「私の最初の記憶は、私が子供の頃にインテルから解放されたことです!しかし冗談はさておき、私のキャリアはここミラノのバリビエラでのユースアカデミーから始まりました。幸運ながらトリノとセリエAでプレーした後、セリエBとセリエCにたくさんプレーしました。その後、コーチングを始め、ここたどり着きました。間違いなく今が私のキャリアの最高地位です。」

サイドバックのポジションは、3-5-2システムで果たす重要な役割を持っています。近年、その立場はどの程度変化しましたか?

「ええ、彼らは重要な役割を果たしています。最初は防御的な解釈と攻撃的な解釈の2つの解釈があったため、物事の運動面では間違いなく一歩前進しました。だが近年、側面を完全にカバーする方向に向かっています。」

防御に関して、あなたの主な要件は何ですか?

「ディフェンダーは多くの品質を備えている必要があり、96分間集中する必要があります。これは、私がいつも若者に言っているように、平均試合時間です。フォワードはたまに休み、重要な時にだけスイッチ入れて勝利を掴むことができますが、ディフェンダーは89分間集中しても、90分目に抜かれて失点されることもあります。つまり、私はいつも、戦術を考えるとき、訓練にその高レベルの集中​​力を要求し、提供しなければならないと言います。それが私たちが要求する主なことです。集中力と決意です。」

あなたは何年も離れた後、ミラノに戻りました。どのように変わりましたか?

「私は34年たって帰宅しました。街は良くなりました。子供の頃かはここから旅を始め、立ち去り、今では応援していたクラブに戻ってきたので、とてもうれしいです。父が私を最初の試合に連れて行ったとき、それはサン・シーロでインテルを見ることだったので、コーチチームの他のメンバーと一緒にここにいることは本当の誇りの源です。」

今シーズンからの期待は?

「私たちはこれまでに行われたことをさらに発展させたいので、可能であればイタリアで先導し続けたいと思っています。何年にもわたってトリノがリーグを支配するのをインテルが終わらせた後も、イタリアでタイトルを維持することは容易ではありません。可能であれば、ヨーロッパでもその成果を見せ、どんどん勢力を出したいと思っています。」


中文版  English Version  Versión Española  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia 

Load More