サラエボからミラノへ:エディン・ジェコの旅

サラエボからミラノへ:エディン・ジェコの旅

フォワードは、ネッラズーリのジャージを着用する初のボスニア人選手です。

彼らはエデンジェコを「街灯柱」「Kloc」と呼んだ。これは彼がサラエボのFKジェリェズニチャルでプレーしていたときからのあだ名。彼はまだ男の子で、父親と一緒に毎日2台のバスと路面電車に乗ってトレーニングに行く。彼は背が高く、当時MFでプレーしてた。しかし、街灯柱以上、まるで白鳥。サラエボの白鳥だった。

エディンはただサッカーをしたかっただけ。しかし、爆弾のサイレンは彼と彼の友人たちから平和な幼少時代の喜びを奪う、戦争によって裂傷される。当然ながら、1986年3月17日にサラエボで生まれたボスニアのストライカーは決して忘れていないものである。

私たちは子供の時、夢を持っていたでしょう。エディンのは、サイレンが鳴ったときに隠れることを恐れずにサッカーをすることができることだった。彼はサッカー選手になることで父親に誇りをもたらしたかった。

彼はその使命に成功した。チェコ共和国のウースチーナ・ドラベムとテプリツェで数シーズンを過ごした後、2007年にドイツのヴォルフスブルクに加入した。 2008/09シーズンで、彼はヴォルフスブルクの初、そして唯一のリーグタイトルに導くのを貢献し、ブンデスリーガの得点王として26ゴールでシーズンを終えた。

その後、エディンはマンチェスターシティへ移籍し、プレミアリーグでも跡を残し、シーズン最終日にシティがQPRを破り、44年ぶりのリーグタイトルを獲得するのに、92分の同点弾を放った。

2015年にローマに入団した後、彼はセリエAの得点王として29ゴールで2016/17シーズンを終え、ジャロロッシのすべての大会で通算260試合で119ゴールを獲得した。

ジェコはボスニア代表の歴代得点者であり、114回の出場で59ゴールを記録し、ボスニア初のメジャートーナメントである2014年ワールドカップに出場するのに貢献した。

彼の最も頻繁なことわざの2つは、「簡単なことは好きではない」と「サッカーは私にとって決して十分ではない」である。ネッラズーリ色の新しい冒険のために彼に最高の幸運を祈っています。

#WelcomeEdin


Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  Versione Italiana  English Version 

Load More