デンゼル・ダンフリーズ:ロッテルダムからカリブ経由でミラノまでの旅

デンゼル・ダンフリーズ:ロッテルダムからカリブ経由でミラノまでの旅

新SBは、インテルでプレーする11番目のオランダ人選手になる

デンゼル・ダンフリース は「いつか、私は代表チームのためにプレーします。」と寝室の壁に書いたほど自分の将来を確信していた。
動きが止まらず、いつも足元にボールを持っていた元気な子供だった。当然ながら、デンゼルの寝室の壁の走り書きには誰も真剣に思ってなかった、それはすべての子供の夢だから当然である。しかし、デンゼルは他のアイデアがあった。

17歳まで、デンゼルは1996年に生まれたロッテルダムの郊外でアマチュア側のバーレンドレヒトでプレーしていた。ある日、電話が鳴った、「デンゼル、代表チームのためにプレーしに来ませんか?」反対側の男は、オレンジ色のジャージであるデンゼルが長い間着用することを夢見ていたオランダではなく、カリブ海の180km²の島であるアルバのヘッドコーチであるジョバンニ・フランケンだった。デンゼルの父、ボリスは、オランダ王国に属するアルバで生まれた。若いデンゼルは電話を受け入れたが、1つの条件があった。彼はアルバの親善試合のみ代表試合に参加する事、そうすればいつの日かオランダを代表する彼のチャンスに影響されないことを保証した。

アルバとグアムの試合のおかげで、自分のキャリアが本当に成功したと言える選手はほとんどいません。しかし、デンゼルの場合はそれだった。デンゼルは、ミクロネシアの島に対する素晴らしい長距離ゴールが、オランダでの彼のパフォーマンスの上昇を加速させた。

スリナム出身の母親、マーリーンにとっては当然のことだった。デンゼルは子供の頃から、トレーニングに戻れるように旅行を短くするように頼んだこともよくあったほど、彼の決意と頑固さがはっきりしてた。

デンゼルはスパルタ・ロッテルダムで最初の大ブレイクを果たし、2015年2月にプロデビューを果たした。スパルタは次のシーズンにエールディビジへの昇格を勝ち取り、デンゼルはオランダの第2リーグの年間MVPに選ばれた。

ヘーレンフェーンへの移転は2017年に続き、PSVはその翌年に電話をかけた。

デンゼルはPSVで力を発揮し続け、伝説的なエドガー・ダーヴィッツやパーソナルコーチとから指導を受け成長し続けた。

そして2018年に待望の代表チームの呼びかけが実現した。デンゼルの子供の頃の夢は、2018年10月13日、ドイツとのネイションズ・リーグの試合でオランダデビューを果たしたときに実現された。これまでに、彼はオランダに23回出場し、2つのゴール(ウクライナとオーストリア)を決めた。

デンゼルは、2018/19チャンピオンズリーグの対戦相手として、すでにサン・シーロでプレーしている。しかし今、彼はインテルプレーヤーとして戻ってきた。これは、クラブの歴史の中で黒と青を着用する11人目のオランダ人です。

昨シーズンのPSVでの4ゴール、9アシスト、41回出場の彼の記録は、彼がオランダのチームメイトであるステファン・デ・フライとリンクするインテルでプレーする資格を証明している。

デンゼルの寝室の壁の落書きが予測したように、代表チームのためにプレーするという夢が実現した。そして今、インテルでプレーするという夢が始まろうとする。

#WelcomeDenzel


Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  中文版  English Version  Versione Italiana 

Load More