インテル、チャンピオンズリーグの対戦相手:過去の対戦と豆知識

ネッラズーリはレアル・マドリード、シャフタール・ドネツク、シェリフ・ティラスポリと対戦する

1/1
インテル、チャンピオンズリーグの対戦相手:過去の対戦と豆知識

インテルにとって再び歴史が繰り替える。 彼らは2021/22チャンピオンズリーグのグループステージで、昨シーズンの同ステージで対戦相手となった2チームと再び対戦する。ネッラズーリは、カルロ・アンチェロッティのレアル・マドリードとロベルト・デ・ゼルビのシャフタール・ドネツクと同じグループとなった。つまり、グループDには3人のイタリア人コーチが登場する。 もうひとチームは、予選でディナモ・ザグレブを制し、グループ予選で初出場を果たすモルドバのクラブ、シェリフ・ティラスポリです。

 

レアルマドリード 

今年のレアル・マドリードは去年のと大きく異なっている。 ジネディーヌ・ジダンはヘッドコーチとしての役割を辞任し、カルロ・アンチェロッティが復帰した。 守備の強豪セルヒオ・ラモスとラファエル・ヴァランも、それぞれPSGとマンチェスター・ユナイテッドに移籍した。 一方、ダビド・アラバがロス・メレンゲスに加わり、ガレス・ベイルはトッテナム・ホットスパーでのローンの期間が終わった後、クラブに戻ってきた。

レアルは今シーズンリーグですでに2試合を行っており、アラベスを4-1で下し、レバンテと3-3で引き分けた。 ヴィニシウス・ジュニアは現在、スコアチャートのトップに立っています。 レアル・マドリードは、バルデベバスで1年離れた後、今シーズン、リニューアルされたサンティアゴ・ベルナベウに戻ってきました。

過去の対戦結果

インテルとレアル・マドリードの間には長い歴史があります。最も最近は昨シーズンで、インテルはどちらの場合も運が悪かった。彼らは11月3日にバルデベバスで最初の試合を3-2で負け、2-0から戻った後、ロドリゴのゴールで敗戦を喫した。ラウタロ・マルティネスとイヴァン・ペリシッチの努力がベンゼマとラモスのリードをキャンセルした。サンシーロに戻ると、スペインの強豪は再び3ポイントを手に入れた。ゴールはアザールのペナルティとロドリゴのフィニッシュから来た。

インテルとレアルマドリードは17回対戦しましたが、最初の対戦は1964年5月27日のヨーロッパ・カップの決勝戦でした。ネッラズーリはウィーンのプラーターで3-1の勝利を収め、ミラニのゴールからとマッゾラによる追加の2ゴールで勝利し、マドリードは1点フェロから返した。

17試合中11試合がヨーロッパカップまたはチャンピオンズリーグで行われていますが、クラブはUEFAカップでも出場しており、最も記憶に残るのは1980年代です。ロス・ブランコスは1984 / 85UEFAカップ準決勝の第2戦で激しい逆転を遂げ、同じステージで次のキャンペーンの偉業を繰り返しました。全体として、インテルは7回の勝利、2回の引き分け、レアル・マドリードが8回の勝利を記録し、インターは21得点、25失点を記録しました。

インテルは久しぶりにベルナベウに戻ります、最後の試合は2010年のチャンピオンズリーグ決勝戦でした。

シャフタール・ドネツク

シャフタールも今シーズン新たな監督がチームを率いる。サッスオーロでの任務に続いて、ロベルト・デ・ゼルビはルイス・カストロの代わりにやって来ました。新シーズンに向けた5つのリーグ戦で、シャフタールはディナモキエフに次ぐ12ポイントで2位につけています。デ・ゼルビのチームは、プレーオフでASモナコとスリル満点の試合後、チャンピオンズリーググループに出場が決まった。シャフタールが最初のレグを1-0で勝ち取った一方で、モナコはホームで反撃し、90分の2-1のスコアで試合が延長戦へと突入した。それでも、114分にアギラールのオウンゴールがモナコの希望を消し、進歩したのはウクライナのチームだった。シャフタールは今年の夏に新たに3人、サッスオーロからマーロン、ベンフィカからペドリーナ、アヤックスからトラオレを加入した。彼らは現在、キエフのオリンピックスタジアムでホームゲームを開催しています。

過去の対戦結果

シャフタールは昨シーズン、インテルと2回対戦し、どちらの試合も0-0で終了し、最終的にネッラズーリはグループ敗退しました。インテルは2020/21キャンペーンの前に3度シャフタールと対戦し、2019/20ヨーロッパリーグの準決勝で5-0で勝利しました。 2005年、チャンピオンズリーグの予選3回戦でインテルはウクライナの土壌で2-0で勝利した後、サンシーロで1-1で引き分け、ネッラズーリがグループステージに到達した。

シェリフ・ティラスポリ

前例のないイベントになります。シェリフだけでなく、長い歴史の中で初めてモルドバのチームと対戦するインテルにとってもだ。さらに、チャンピオンズリーグへのシェリフの参加により、モルドバのクラブがヨーロッパのトップレベル大会でデビューを果たす。ティラスポリはトランスニストリアの首都であり、1990年に自称独立共和国になりました。クラブは1997年に設立され、それ以来19のモルドバ・リーグタイトルを獲得しています。彼らは、14,300人収容の会場であるティラスポリのシェリフ・スタジアムでホームゲームを開催しまう。クラブはすでにチャンピオンズリーグの予選で腕を試したが、毎年無念だった。しかし、2009/2010シーズンと2010/2011シーズンには、ヨーロッパ・リーグのグループステージに到達しました。

2021/22年のこれまでのところ、シェリフはチャンピオンズリーグのプレーオフのために、リーグ7節目の段階でまだ3回のリーグ戦しかプレーしていません。 7月にヨーロッパでの冒険を始めて以来、モルドバ人はテウタ、アラシュケルト、レッドスター・ベオグラード、ディナモ・ザグレブを倒しし、後者を合計で3-0で勝利を飾った。彼らはウクライナのユーリ・ヴェルニダブによって指導されており、彼らのチームは14の異なる国籍の選手がいます。コロンビア人フォワードのフランク・カスタネダがキャプテンを務め、スターFWはマリのインターナショナルであるアダマ・トラオレです。


Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versione Italiana  Versión Española 

Load More